購入後4ヶ月レビューSurface3 使い物にならないので手放します

スポンサーリンク

購入した当初はMacBookより良いと思いましたが、使っているうちに、様々な問題点が出てきました。何をするにしてもイライラが積もるばかり。我慢してSurface3を使ってきましたが、史上稀に見る大失敗製品と認定します。

いったい何が問題なのか。Surface3を4ヶ月ほど使ってきて感じたことを書きます。

Surface3の不満点

SIMカードを認識しない時がある
一番致命的なのは、仕様通りに使えないということです。LTE通信ができるモデルを、世界に先駆けて発売しました。パソコンにSIMカードを挿すことができ、場所を選ばずに通信可能。夢のようなパソコンがついに出たと思い飛びつきましたが、困ったことに度々SIMカードを認識してくれません。原因は分かりませんが、SIMカードがありませんと表示される時があります。再起動すれば、SIMカードを認識してくれますが、わざわざ再起動するのも面倒くさいので、Wi-Fi接続して繋ぐ方に切り替えてしまいます。手持ちのスマートフォンをテザリングして対応していました。こんなことなら、SIMカードが挿せないモデルを最初から売ってほしかったです。

ASAHIパソコン記事:Surface3 ようやくWi-Fiモデルが国内発売

販売が振るわないのか、今更Wi-Fiモデルが発売されることになりました。しっかりと通信できるものを最初から発売してくれていれば不満はありませんが、頻繁にSIMカードを認識しなくなるものを先に売っておいて、不具合のあるものを省いたモデルを後から売るとは。

Wi-Fiモデルを発売したことで、Surface3を手放すことを決めました。

アップデートでエラーが多発する
これも地味にストレスが溜まります。Windowsは世界的に一番普及しているOSのため、ウイルスなどに狙われやすい状況です。そのために、セキュリティーのアップデートが頻繁にありますが、そのアップデートを実行すると失敗することがあります。これも結構な頻度で発生します。アップデート中にエラがー出るのは、精神的に悪いので勘弁してほしいところです。

エラがー出ても自動で修復してくれるため、問題なくアップデートが完了していますが、そのうち壊れるんじゃないかとヒヤヒヤします。

微妙なモッサリ感がイライラを増大させる
上位機種のSurface Pro3はCore iシリーズのCPUを搭載していますが、Surface3はAtomプロセッサーという性能の低いCPUを搭載しています。性能が低いといっても、ASUS EeeBook X205TAよりは性能が上のはずです。それなのに、ASUS EeeBook X205TAよりモッサリです。ストレージ性能が悪いことが影響しているのかもしれませんが、それにしてもモッサリすぎます。基本的にはサクサク動くのですが、細かいところでモッサリなため、かえってストレスが溜まるのです。

個人的に一番イライラするのは、文字を打っている時です。テキストエディタを使って文字を打っていると、吸い付くように文字を表示してくれません。OSの仕様かと思い、家電量販店のSurface Pro3を使って文字を打ってみましたが、こちらは問題なくササーっと文字を打つことができました。搭載しているプロセッサーとストレージ速度の違いが、Surface3のモッサリ感を作り出しているとしか考えられません。あと少し速く動くだけで、だいぶ印象が変わると思います。もう少し使用感を考えてSurface3を発売して欲しかったとところです。

膝の上に乗せて使いづらい
Surface3の構造的な問題です。普通のノートパソコンと違って、液晶がキーボードと一体になっていません。液晶背面にあるキックスタンドを使って、支える仕様になっています。この仕様ですと、ちょうど良い位置で固定するのが難しすぎます。タブレットとして使うには大きすぎるサイズなので、普通のノートパソコンの形状(クラムシェル)として出してもらったほうが良かったと思います。

PC Watch記事:Microsoft初にして究極のノートPC「Surface Book」~GPU内蔵の着脱式キーボード採用。13.5型3,000×2,000ドット

SurfaceBookというSurfaceの不満点を改善した製品が登場しました。このようなモデルが発売されるということは、同じように不満を持っている人が相当いたということでしょう。

8万ぐらいなら買い

Surface3の最上位モデル、タイプカバー(キーボード)、Surfaceペン。これら全てを揃えて8万ぐらいなら許せる完成度ですが、全てを揃えると10万オーバーです。この使用感で10万以上払うなら、MacBook Airを買った方が幸せになれます。OSも違うしOfficeも付いていませんが、MacBook Airの方が気持ち良く使えるはずです。

10万を超える価格の製品で、Microsoftがこのような製品を出してしまうことに疑問を感じます。これなら、約3万でASUS EeeBook X205TAを購入したほうが良いでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly