ハロウィンの悲劇2015はなぜ起きたのか

スポンサーリンク

11月になりました。今年もあと2か月になりましたが、昨日は各地で様々な悲劇が起きたようです。悲劇の原因は「ハロウィン」です。いつからか日本でもハロウィンが盛り上がるようになりましたが、今年の盛り上がりは例年以上に盛り上がりました。過去最高に盛り上がったために、悲劇が起きてしまったのです。

ハロウィン翌日の渋谷で子どもたちがゴミ拾い 大人たちにモラルを問う声

渋谷仮装”から一夜…若者らがゴミ拾い

ハロウィーンの渋谷センター街、ごった返す 「ウォーリー」などの集団仮装増殖

ハロウィーンで混雑 自治体が対策

なぜ今年のハロウィンはこんなことになってしまったのでしょうか。

スマートフォンの普及とハロウィンが土曜日になったのが原因

ここまでハロウィンが盛り上がったのは、スマートフォンが普及し、多くの人がSNSをするようになってしまったことが原因でしょう。TwitterやFaceBookだけではなく、InstagramやSnapchatなど、どのSNSも写真がないと盛り上がりません。ハロウィンの仮装はSNSで盛り上がるのに最高の題材です。スマートフォンが普及したことで、多くの人が投稿するネタを求めるようになり、昔なら参加しなかった人まで、ハロウィンに参加するようになってしまったのです。

僕の青春時代のハロウィンなんて、ほとんど男子は仮装していませんでした。仮装して楽しむイベントというものは、基本的には女の子が楽しむ日なのです。そんなイベントに男子まで参加してしまったことで、ぐちゃぐちゃになってしまったのでしょう。

男子まで参加してしまったもう一つの原因が、2015年のハロウィンが土曜日だったということです。翌日が日曜日で仕事が休みのため、多くの人がこぞって参加してしまいました。自分一人で盛り上がれない現代人にとって、格好のイベント日和となってしまったことで、ここまで悲劇が大きくなってしまったのでしょう。

スマートフォンが普及し、ハロウィンがたまたま土曜日になってしまったせいで、大惨事になってしまいました。

どうすれば解決できるのか

人間は学ぶことができる生き物です。二度とこんな悲劇を起こさないためにも、どうしたらいいのか考えてみましょう。

  • みんなの休みを同じにしない。
  • 夜に遊ばない。
  • パーティは昼間に開催。
  • お酒は昼に飲もう。
  • 東京を出よう。

この5つじゃないでしょうか。

まず「みんなの休みを同じにしない」ですが、ゴールデンウィークや年末年始や土日休みなど、休みを同じにしてしまうのが大問題です。みんなと同じじゃないと不安になる日本人には土日休みの方がいいのかもしれませんが、一度平日休みになってしまうと、もう土日休みには戻りたくないと思うでしょう。どこに行っても人が多くて混んでいます。人が多いところに行くとロクなことがありません。平日はいいですよ。お店も空いているし、落ち着いて料理を楽しむことができます。

みんなで同じ日に休まない。その方があらゆるサービスが良くなるはずです。

次に「夜に遊ばない」これも大事なことです。だいたい人が集まって起きる問題の多くは、夜に集団で集まって遊ぶからです。暗闇は危険がいっぱいです。夜10時には布団に入り、お肌の調子を整えましょう。

そして「パーティは昼間に開催」しましょう。主催者の方は夜に開催せず、昼間に開催しましょう。結婚式は昼間にやるのが大半です。きっと結婚式も、夜にやっていたらロクなことがありません。夜にお酒が入ると、問題が起きる可能性が高くなります。人が集まるイベントを昼間にやることで、問題が起きることを防ぐことができるでしょう。

理解してもらえないかもしれませんが、「お酒は昼に飲もう」という意識も大事です。昼間にお酒を飲むと白い目で見られますが、昼間に飲んだほうがよっぽど健全です。お日様の下で飲むアルコールは最高です。夜に飲むのとは違い、とても健全な雰囲気があります。陽気な昼間に飲めば話も弾むでしょう。最近では昼間から飲めるお店も増えていますよ。

最後の「東京を出よう」これが一番大事です。今回のハロウィンで起きた問題の多くは、東京で起きています。なぜ東京で問題が起きたのかと考えるまでもありません、東京は人が多すぎるのです。人が多いところにはロクなことがありません。人が集まりすぎると、誰よりも目立ちたいという意識が高まり、どんどん派手なほうにいってしまいます。人が減れば、ハロウィンのパーティーも、もう少し落ち着いたものになっていたでしょう。

東京がかっこいいなんて時代は終わりました。インターネットや交通網が発達した今、最新情報なんてどこにいても入手することができます。東京の方が有名人が多いので、そういった人たちにすぐ会えるという利点はありますが、時代が変わって有名人が東京を離れていけば、東京に人が集まる時代も終わるでしょう。

まだ東京で消耗してるの?

こういったブログが人気を博しているように、東京に疑問を感じている人が増えています。田舎に行くのに躊躇してしまう人は名古屋がオススメです。日本の真ん中で、適度に都会で適度に田舎です。東京から遅れること3年ぐらいで様々なものが入ってきます。いや3年遅れどころではないかもしれません。ヨドバシカメラは、やっと先週オープンしたばかりですし、IKEAにいたってはまだありません。有名店がなかなか入ってこなかったりしますが、生活には全く困りません。その代わりに、東京にはない素敵なお店がたくさん名古屋にはあります。

2020年に東京でオリンピックがありますが、2020年までに東京を出ることを真剣に考えたほうがいいと思います。あんなに人が多いところでオリンピックをやったらどうなるのか、冷静に考える必要があるでしょう。

今年のハロウィンは一つの問題提起として良い機会じゃないでしょうか。これを機に自分の生活をどうするのか考えてみましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly