Microsoftはサービスを止めたり変更したりが多すぎます

スポンサーリンク

またまたMicrosoftが改悪しました。Microsoftのクラウドサービス「OneDrive」の保存容量が変更になりました。

Office 365に付随するOneDriveの容量が無制限から1TBに~無料枠も15GBから5GBに縮小

無制限で使っている日本のユーザーはほとんどいないと思われますが、無料でOneDriveを使っているユーザーは結構多いと思います。その保存容量が15GBから5GBまで減らされることになりました。

Microsoftのクラウドサービスは後発だったため、大盤振る舞いしてユーザーを獲得している印象でしたが、猶予期間があるとはいえ、大幅に容量が減らすのはやめてほしいと思います。

あれこれやっては名前を変えたり止めたり

以前からMicrosoftはそうですが、サービスを変えたり、止めたりすることが多すぎます。もともとOneDriveはSkyDriveという名前でしたし、Xbox Musicという音楽配信サービスが「Groove」になったり。いったい何をしたいのかが分かりません。とりあえず出しておいて、後から名称を変えてしまうと、ユーザーがサービス名を覚えることができないので、あまり良いこととは思えません。SkyDriveに変更になったのは、商標権侵害の問題があって変わったようですが、もう少し事前に調べてからリリースしたほうがいいように思います。

こういったことはAppleのやり方はうまいと思います。商標権で被ってしまっても、力ずくで奪ったり、和解して名称を使います。一度決めた名称をあまり変えようとはしません。MobileMeというクラウドサービスが、iCloudに変わったことはありますが、大幅にサービス内容が変わるのを機に、名称を変更しています。

しかしMicrosoftは、何か問題が起きたら名称を変更したり、せっかく始めたサービスを止めてしまうことが多すぎます。そういったMicrosoftを見ていると、あまりOneDriveを使う気にはなれません。いつサービスを止められるか分かりませんし、とつぜん改悪されるかもしれないからです。案の定、OneDriveのサービス内容は悪いほうに変わってしまいました。

PCもスマートフォンもタブレットもひとつのOSに統合し、新しく仕切り直しを始めたばかりです。その基幹となるのがOneDriveです。それをさらっと改悪してしまうようでは、あまり期待できないかなぁと思ってしまいます。

もう少ししっかりとしたサービスの運営を、Microsoftにはお願いしたいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly