レビュー「Microsoft Universal Foldable Keyboard」折り畳めて打ち心地上々のBluetoothキーボード

スポンサーリンク

何台目のキーボードか分かりませんが、またキーボードを買ってしまいました。今回購入したBluetoothキーボードは「Microsoft Universal Foldable Keyboard」です。Microsoftから発売された、折り畳み式のBluetoothキーボード。折り畳めるという構造からして、スマートフォンやタブレットで使うことを想定していますが、ここまで小さいキーボードです。タブレットではなく、スマートフォンで文字を打つことを想定しているのでしょう。

手持ちのスマートフォンとペアリングして使ってみましたのでレビューします。

image

同梱されているもの

image image image

パッケージはシンプルな作りで、無駄なものは同梱されていません。Bluetoothキーボードを使ったことがある方は、すぐにスマートフォンやタブレットとペアリングして使えるでしょう。

仕様

2台のスマートフォンやタブレットなどと接続することができます。キーボード左上の端末切り替えボタンを押すことで、使っている端末をすぐに切り替えることができます。あまり待たされることなく違う端末に切り替わります。1台のスマートフォンで文章を作成しながら、Twitterのタイムラインを、もう1台のスマートフォンでストリーム再生するという使い方が良いでしょう。メンションがきたり、呟きたくなったら切り替えボタンで切り替えてツイートしましょう。

右上にはOSの切り替えボタンがあります。このボタンを押すことで、OSによるボタン配置の違いに対応しています。

正面から見て右の側面に、micro USB端子があります。ここから「Microsoft Universal Foldable Keyboard」を充電します。○○時間充電すると、何ヶ月使うことができるようです。ほとんどバッテリー切れは気にしなくていいでしょう。

打鍵感は

一番大事な打鍵感ですが、この構造から考えると素晴らしい打鍵感です。感触としては、Surfaceと同じ打ち心地です。Surface Pro3やSurface3よりも、少し固めの打鍵感になっており、「Microsoft Universal Foldable Keyboard」のほうが打鍵感は良いです。

なぜ「Microsoft Universal Foldable Keyboard」のほうが、打鍵感が良いのか考えてみました。キー自体は同じキーなので、打ち心地が違う理由が他にありました。キーボードを使う時の接地面の違いです。Surface Pro3やSurface3は、液晶面をカバーしている部分がパタッと手前に倒れてくる構造になっています。少しキーボードが斜めになった状態で、机に接触する部分は、キーボードの手前部分だけになります。しかし、「Microsoft Universal Foldable Keyboard」は、キーボード全体が机に接触しています。そのおかげで、固めの打鍵感になっています。

「Microsoft Universal Foldable Keyboard」とSurfaceのどちらも、柔いキーになっていますが、キーボードが設置している面積の違いで、キーを叩いた時の剛性感が変わっています。

購入して使ってみるまで気付きませんでしたが、この固めの打鍵感は嬉しい誤算でした。

携帯性は

重さが180gで、このサイズです。携帯性は抜群です。折り畳んでも非常に薄いので、鞄に入れても邪魔にはならないでしょう。

折り畳めるキーボードです。タブレットと組み合わせて使うのではなく、スマートフォンと組み合わせましょう。この組み合わせなら、小さい鞄で外出できます。あまり大きい鞄を持ちたくないときでも、「Microsoft Universal Foldable Keyboard」とスマートフォンの組み合わせなら、外出先でも長文を打つことができます。

大きな欠点が

ほとんど欠点のない、「Microsoft Universal Foldable Keyboard」ですが、ひとつだけ重大な欠点があります。キーボードの右側のボタンが、かなり窮屈になっています。
image

折り畳んだときに、左右対称になるようにしたせいでしょう。折り畳んだ時に左右対称になるのが、デザイン的にはベストだとは思いますが、そのせいで、EnterキーとDeleteキーがかなり押しにくくなっています。高速でブラインドタッチをして文字を打っているとき、Enterキーで文字を確定しようとすると、一番右端のフレームに右手の小指が当たってしまいます。同じくDeleteキーで文字を削除しようとすると、一番右のフレームに右手の小指が当たってしまい、そのまま違うキーをミスタイプしてしまいます。
image

慣れの問題かもしれませんが、3日ほど使い続けてもミスタイプしてしまいます。左右対称じゃなくてもいいので、あと5mmぐらい右のボタンを大きくしてほしかったと思います。

注意点

もうひとつ注意してほしいことがあります。このキーボードは、Bluetooth4.0で電波を飛ばします。古いスマートフォンで、Bluetooth4.0以降に対応していないものでは使えません。ここ1年ぐらいに発売されたスマートフォンなら問題ないとは思いますが、2、3年前に購入した人は注意してください。

「Microsoft Universal Foldable Keyboard」を購入する前に、自分の端末がBluetoothいくつに対応しているか確認をしましょう。

総合評価は

「Microsoft Universal Foldable Keyboard」の総合評価をします。

キーの打ちやすさ:★★★★☆
キーボードで一番大事な打鍵感は上々です。上々ですが、右側のキーのサイズだけが残念です。キーサイズがすべて同じだったら、最高のキーボードになったことでしょう。

携帯性:★★★★★
文句ありません。180gでこのサイズの上に、上々の打鍵感。スマートフォンで使うキーボードの決定版と言っていいでしょう。

機能性:★★★★☆
2台のスマートフォンに繋ぐことができます。これからスマートフォンの2台持ちをする人も増えるでしょうし、スマートフォンとタブレットを2台持ちしている人にもピッタリです。瞬時に接続する端末を切り替えることもできますし、素晴らしい機能だと思います。欲を言えば、3台接続できたら文句なしです。

デザイン質感:★★★☆☆
デザインと質感は、やや安っぽくなっています。色は黒しかありませんし、女性の方が気に入るようなデザインではないでしょう。いたって平凡なデザインですが、このコンパクトさを実現するためには仕方がないのでしょう。ザラッとした素材になっていますが、そのおかげで、多少の水などを防いでくれる、防滴仕様になっています。

総合評価:★★★★☆
スマートフォン限定で使うことを考えたら星5つあげます。スマートフォンと「Microsoft Universal Foldable Keyboard」の2つだけを持っていくことで、ほとんどの仕事をこなすことができるでしょう。画面が小さいことで、やや操作がしづらいこともあるかもしれませんが、画面が大きいタブレットでも、できることは同じです。だったら、よりコンパクトなものを持っていったほうがいいでしょう。

いつもいつも重い荷物を持って出かけるている方、たまには「Microsoft Universal Foldable Keyboard」とスマートフォンの2つだけで外出し、肩の力を抜いて過ごしてみましょう。


iOSの仕様のせいで、Bluetoothキーボード接続時の文字入力感が悪すぎます。iPhone6s Plusより、Androidの6インチスマートフォンをお勧めします。

荷物が多いと、その日のファッションや行動が制限されます。「Microsoft Universal Foldable Keyboard」を購入し、いつも使っているスマートフォンだけで一日を過ごしてみましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly