買ってしまいました「レッツノートRZ4」軽く触っただけで大好きになりました。

スポンサーリンク

VAIO S11を買うつもりだったのですが、、、結局「レッツノートRZ4」を購入しました。Surface3を手放して以来、まともに使えるWindowsノートパソコンを購入したいと考えていました。そんな中、突然「VAIO S11」が登場したので、すぐにチェックしに行きました

画面は綺麗、動作もサクサクで、本体重量も軽い、文句の付け所がないノートパソコンになっているVAIO S11ですが、ひとつだけ残念な点がありました。キーボードが致命的に打ちにくいのです。キーボードのキーを押した感触は悪くありません。打鍵感は上々ですが、キーサイズが小さいせいで、全てを台無しにしています。あと1mmでも大きいキーにしてくれたら、最強のモバイルパソコンになったでしょう。

それでもVAIO S11を購入するか真剣に悩んでいたところ、レッツノートRZ4が安くなっていることに気づきました。最新のレッツノートRZ5が登場しましたが、大きくは変わっていません。型落ちのRZ4でも十分に戦力になるはずです。

「レッツノートRZ4」か「VAIO S11」か。どちらを購入するか悩んだ結果、レッツノートRZ4を購入することにしました。まだ使い始めて1日目ですが、レッツノートRZ4を購入して大正解だったと思います。

1日触ってみて感じた、レッツノートRZ4の素晴らしさを紹介します。
image

とにかく軽い

まずRZ4本体を手に持ってみて驚きます。とにかく軽いのです。ノートパソコンでここまで軽いものを持ったことはありません。軽いと言われるMacBookの重さが920g、それに対してレッツノートRZ4は750gです。こんなに軽いのに、本当にパソコンなのだろうかと心配になるほどです。いつもの鞄にMacBookではなく、レッツノートRZ4を入れただけで重さの違いを感じました。明らかに鞄が軽いのです。わずか170gの違いですが、鞄の重さが体感できるほど変わりました。

以前より、軽さは正義と提唱していますが、改めてその意味を噛み締めています。

質感が高い

ここまで本体が軽いと、質感が心配になります。かなり安っぽいプラスチック感の本体かと思いきや、綺麗な塗装と、精度の高い作りのおかげで、高い質感になっています。

さすが日本で生産しているパソコンです。Appleにはない、日本国内生産ならではの質感を感じます。

素晴らしいキーボード

レッツノートシリーズの特徴は、キーボードがしっかりしていることです。日本のビジネスマンが使うことを想定しているため、キーボードのキーがカッチリとしています。英語と違って、日本語をキーボードで打つのはストレスの溜まる作業です。少しでも良いキーボードであることが、そのストレスを軽減してくれます。日本のメーカーが作っているだけあって、海外製のパソコンには感じない、キーボードへの強い拘りを感じます。

※写真

10.1インチという小ぶりなサイズのRZ4。このサイズにキーボードを収めると、どうしてもキーが小さくなります。キーボードを見た瞬間に小さいと思いますが、実際に文字を打ってみてビックリします。想像以上にキーが打ちやすいのです。もっとミスタイプをするのかと思いきや、普通のキーボードに近い感じで文字を打っていくことができます。

MicrosoftのBluetoothキーボードのほうが、キー自体は大きいはずです。それなのに、明らかにレッツノートRZ4のほうが打ちやすいのです。なかなか良いキーボードに出会えず悩んでいましたが、僕が所有しているキーボードの中で、最強のキーボードになるかもしれません。

端子類が充実

USB端子が3つに、SDカードスロットを搭載しているのも、レッツノートRZ4の素晴らしいところです。USB Type C端子がひとつしかないMacBookとは大違いです。ある程度の拡張性がパソコンには必要です。デジタル一眼レフカメラで撮影した写真を撮り込んだり、その撮り込んだ写真をマウスで編集することも可能です。何かをやろうとすると、コネクターを拡張しないといけないMacBookとは違い、何をやるにしても快適な道具になってくれます。

道具として便利なこと。こんなに小さくて軽いパソコンでも、レッツノートはパソコンにとって大事なことを妥協していません。

メモリー4GBでも問題なさそう

ずーっと悩んでいたのがメモリーです。メモリーの増設をすることができないレッツノートRZ4は、最初に4GBか8GBのどちらを購入するかで悩むことになります。予算に余裕があれば、迷うことなく8GBモデルにしたほうがいいでしょうが、4GBモデルなら15万前後で購入が可能です。基本的に割高なレッツノートシリーズですが、こんなに軽いレッツノートが15万で購入できるチャンスです。

思い切って4GBモデルに妥協しましたが、これで正解だったと思います。今のところ遅くてイライラすることはありません。何をやるにしてもサクサクと動いてくれます。やっていることはMacBookと同じですが、サクサク感はレッツノートRZ4のほうが上に感じます。

OS自体が軽いおかげもあるかもしれませんが、ここまでサクサクと動いてくれるとは思いませんでした。

これで15万なら買い

この本体性能で20万を出せとなると少々悩みますが、15万で買えるとなると話は別です。1kgを切るノートパソコンは、比較的高価格帯のものばかり。それらの中でも、レッツノートRZ4はトップクラスの使いやすさです。15万を出す価値はあるでしょう。

モバイルPCといったら、MacBook AirかMacBookという風潮ですが、レッツノートRZ4こそが真のモバイルPCでしょう。レッツノートシリーズは、スーツを着たサラリーマンしか使っているのを見かけませんが、もっともっと評価されてもいいノートパソコンです。

これから毎日レッツノートRZ4を持ち出して、どんな世界が見えてくるのか。しっかりとレビューしていきます。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly