RazerがAppleを見下していて震えた件

スポンサーリンク

ついに日本でもRazer Blade Stealthが発売されました。冷え切ったPC市場の中、ゲーミングPC市場は元気です。ゲーミングPCの周辺機器でトップブランドのRazerが満を持して発売した、メインストリーム向けのラップトップになります。

妥協のない高性能をコンパクトなサイズに収めており、日本でも幅広く売れる製品になるでしょう。

メインストリームユーザーを取り込む「Razer Blade Stealth」 ~創立者兼CEOのMin-Liang Tan氏インタビュー – PC Watch
~創立者兼CEOのMin-Liang Tan氏インタビュー …
Appleへの対抗心がすごい。

RazerのCEO、Min-Liang Tan氏のインタビューがImpress Watchに掲載されています。このインタビューで興味深い点が2つあります。

Tan RazerはラップトップPCを社内でデザインできる数少ない会社の1つです。おそらく社内でデザインハウスを持ち、設計できる企業は、今のところ全世界でAppleとRazerの2社だけでしょう。他社はデザイン案だけを持っていて、中国のOEMやODMに委託し、そのほかのデザインを任せているのがほとんどです。

ラップトップ(ノートパソコン)を社内で設計できる会社は世界に2つしかないと言っています。AppleとRazer以外の会社はデザイン案だけを持っていて、OEMやODMに投げていると。たしかに、心震えるノートパソコンが少ない現状を見ると、下請けに丸投げしているのかもしれません。

1番興味深いのは次の話です。

 将来的にAppleがそのようなソリューションが欲しいというのであれば、我々はライセンス締結やパートナーシップなどを通して、彼らの製品に取り入れることも視野に入れています。

Appleが欲しいのなら、提供してやってもいいよと言っているのです。何を提供するのかというと、ノートパソコンと外付けボックス(Razer Core)を接続することで、ノートパソコンにグラフィックカードを接続するというソリューションです。

小さいモバイルノートパソコンでもハイエンドPCにも匹敵するグラフィック性能を持つマシンに変身させるソリューションは、Intel、NVIDIA、AMDとパートナーシップを結んで開発してきました。この技術をAppleに提供してやってもいいと言っているのです。

日本ではまだまだ馴染みの薄いメーカーが、あのAppleを見下しています。それだけ自分たちが出すプロダクトに自信があるのでしょう。

久しぶりにインタビューを読んでいて震えました。Razerの今後の動向に注目していきましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly