Smart Keyboardが打ちにくい理由

キーストロークが浅いsmartkeyboard
スポンサーリンク

今日も10.5インチiPad Proからこんにちは。軽くて万能な端末なので、これ1台でなんでも出来てしまいますが、ひとつだけ辛いことがあります。

文章の作成

画面に表示されるソフトウェアキーボードを打って文章を作れますが、長い時間打つのは辛すぎます。ボタンを押したという感触がないので、完全なブラインドタッチもできません。

iPadで文章を作りたい人のためにあるのがSmart Keyboardです。iPadのカバーも兼ねているためキーストロークは浅く、本格的なキーボードよりは打ちにくいのは確かです。MacBook Proのバタフライキーボード以上、一般的なノートPC未満といったところです。

ソフトウェアキーボードよりは遥かに打ちやすいので、これでも満足して使えます。

タタタターと文字を打っていて、もっとスピードを上げることができると脳が判断し、指に力が入ってくると、なぜかタイプミスをします。とても良いテンポで打てていたのに、タイピングする手に力が入ると、ミスタイプをします。

たまたまかなぁと思っていましたが、なんとなく原因が分かってきました。

リラックスしてタイピングする

12インチのMacBookもそうでしたが、ゆっくり打っているときは問題ないのですが、高速タイピングしようとすると、すぐにタイプミスをします。これは力が入りすぎているのではなく、キーのストロークが浅いせいです。

smartkeyboardを側面から見た

かなりストロークが浅い

グッと力を入れて叩いても、それ以上奥にキーが沈みません。思っているのより早く底をついてしまうため、次のキーを叩くタイミングがズレてきます。

キーストロークが深いメカニカルキーボードだと、次のキーを押し始めるのと同じくらいに、その前のキーが底をつきます。カチカチとリズミカルにタイピングしていけるので、タイプミスをしません。

高速で打とうとしない

Smart Keyboardでタイピングをするときの心構えです。Smart Keyboardよりキーストロークが浅い、MacBookのキーボードにも同じことが言えます。

速く打つことを諦めて、リラックスしてタイピングをする。こうしたほうが、結果的にはたくさんの文字を打つことができるでしょう。

高速のタイピングにも対応できる、Smart Connectorで接続するキーボードが、ロジクールから発売されています。ノートPCのキーボードに近い感覚で打てますが、キー配置が英語配列というのが難点です。

このキーボードの日本語配列を出してくれると、さらにiPad Proが活躍できるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

キーストロークが浅いsmartkeyboard
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly