レビューSpigen Apple AirPods用イヤーフック

スポンサーリンク

Spigenから発売された Apple AirPods 用 イヤーフックをレビューします。

BeatsXを購入してから、AirPodsを使う機会がめっきり減りましたが、耳にピッタリと合うのなら、AirPodsを毎日使いたいという思いはあります。

ポツポツと、AirPods用のイヤーフックが発売されています。こっそりと購入しては、すぐに使わなくなってしまいます。

そんなAirPodsのイヤーフックですが、Spigenからイヤーフックが発売されたのでレビューします。

同梱されているもの

写真の通りです。イヤーフックが2サイズ入っています。自分の耳に合うほうを使ってください。

実際に使ってみて

たしかに耳からはズレにくくなります。素材がシリコンでできているのでズレにくくなる仕組みですが、フック部分があるために、耳の奥までAirPodsを押し込むことができません。

普通にAirPodsを使うより、耳から浮いた状態になります。イヤーフックをつけている安心感はありますが、耳の奥まで入らない不安感もあります。

悪くはない製品ですが、AirPods本来の装着方法とは違うため、いまひとつしっくりきません。

AirPodsというイヤホンは、耳にピッタリあう人が、使うべき製品なのでしょう。

総評

イヤーフックを付けてしまうと、AirPodsの充電ケースに収納できなくなってしまいます。ケースに入れるたびに、イヤーフックを取り外すことになってしまうのなら、簡単に外せたらいいというのが、Spigen Apple AirPods 用イヤーフックです。

たしかに簡単に取り外すことはできますが、取り外すという行為をする時点で面倒です。イヤーフックを取り付けて解決すること自体に、そもそも無理があります。

AirPodsという製品に、イヤーフックを付けることが間違っているのかもしれません。この製品以外にも、AirPods用のイヤーフックが発売されていますが、耳に合わない人はAirPodsを購入するべきではないのでしょう。

AirPodsを買ってしまって耳に合わない人は、Spigen Apple AirPods 用 イヤーフックを購入しましょう。これからAirPodsの購入を考えている人は、Apple Storeで耳に装着してみて、自分の耳に合うか確認してから、AirPodsを購入しましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly