iPhone5即新品交換!Apple Storeの対応が素晴らしいという理由だけでも、Apple製品を使うべし。

スポンサーリンク

先日、突然iPhone5の電源が付かなくなりました。本体右上のスリープボタンを長押ししても反応しません。この状態になるまでに電池は半分以上ありましたし、電池が切れたとしても、薄く表示されるバッテリー切れの画面が出るはずです。

しかたないので、充電してみました。通常ですと、充電の画面になるはずです。もしバッテリーが切れていたとすると、ある程度充電されるまでは、薄く表示されるバッテリー切れの画面が出るはずです。何回もLightningケーブルの端子や、USBのコネクターを抜き差ししても変わりません。

これは、本当に壊れてしまったかもしれない。

Apple製品をお使いの方は、故障等でおかしいなと思ったときは、すぐにApple Storeに行きましょう。Apple Storeで購入していなくても対応してくれます。iPhoneをSoftBankショップや、auショップ、家電量販店で購入したとしても、勿論対応してくれます。Apple StoreはApple製品なら、どこで購入しても対応してくれるのです。

ただし、一点だけ注意が必要です。それは、すぐにApple Storeに行ってはいけません。まずは、インターネットからAppleのサイトへいきましょう。そこからお近くのApple Storeのページにいき、Genius Barの予約をする必要があります。

Genius Barとは

アップル – 直営店 – Genius Bar
まずは、予約を。

Apple製品に関するサポートを受けることができる場所です。AppleStoreに入ると、Genius Barと書いてあるカウンターの前に、たくさんの人達が、スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)と話し込んでいるのを見ることができます。なんであんなに人が集まっているのかというと、あそこでiPhoneやiPadやMacの調子が悪い、Apple製品の購入を検討している等、その他にも様々な相談に乗ってくれるからです。

もう一度言いますが、ここを利用するときは、必ず予約してから行って下さい。当日お店に行っても、予約を取ることはできる場合おありますが、現在このGenius Barは大変混んでおり(それだけApple製品が売れているということ)、明日Genius Barに行こうと思って予約しようとしたとても、2枠ぐらいしか空きがないことも多々あります。当日にいきなりお店に行っても、枠がないため対応することができない事もありますので、必ず予約してから行って下さい。

予約をしたら、その時間に行くだけ

予約するのなんて面倒くさいという方もいるかもしれませんが、Apple製品をお使いの方は、Apple IDというAppleのサービスを利用する時に必要なIDをお持ちかと思います。このApple IDを入力するだけで、面倒くさい名前等を入力する手間が省け、簡単に予約することができます。思ったより簡単に予約することができますので、安心して下さい。

予約をしたら、後はその時間にお店に行くだけ。お店にいるスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)に声をかければ、Genius Barに案内してくれます。たまに、混み合っていると少し待たされることもありますが、たくさんのApple製品や、対応周辺機器が展示してありますので、それらを見ているだけで、すぐに名前を呼ばれるでしょう。Apple Storeには、ここでしか販売していない、製品や限定カラーの製品が多数ありますので、時間を忘れて楽しむことができるでしょう。

あなたの名前を呼ばれたら、あとはスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)が素晴らしい対応をしてくれます。

まさかの5分で新品交換

カウンターの椅子に座ると、スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)がこちらの要望を聞いてくれます。今回のケースですと、iPhone5の電源が入らなくなったので、電源が入らなくなったと告げました。スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)が僕の端末を持って、対応します。電源が入らないので、画面には何も付かないだろうと思いましたが、なんとスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)がスリープボタンを長押しすると、薄くバッテリー切れの画面が表示されました!

あれ、、、昨日は表示されなかったのに何故?!

「昨日、充電してもこの画面も表示されませんでした」
スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)に説明すると、「iPhoneがフリーズしていた可能性もありますね。この状態から本体が操作できるようになるまでに、充電時間が10分ぐらいからかかります。このまま少しお待ち頂けますでしょうか。」とテキパキとした対応をしてくれます。このまま待つところですが、自分のiPhone5の調子が悪いところを説明しました。
「最近30%ぐらいからバッテリーが切れたり、その状態から充電すると、いきなり38%ぐらいに電池が回復して使えるようになったりする」とスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)に説明しました。ここでもスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)は、テキパキと対応してくれます。

「システムが故障している可能性もありますね。ホームボタン2度押しをして、アプリのアイコンを長押しして、下に表示されるアプリのアイコンを長押ししてから、起動しているアプリをすべて消しましたか?」と聞いてきます。勿論、日常的に小まめにアプリを消していますので、「いつもしています。」と答えます。「では、スリープボタンを長押しして、電源を切ってから、再度起動したりしていますか?」とスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)が聞いてきます。再起動も定期的にしているので、「はいしています。」と答えます。「では、バックアップから復元はしましたか」とスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)が聞いてきます。最近調子が悪かったので、復元しないといけないなぁとは思っていたのですが、復元をすると1時間ぐらいは時間がかかりますし(バックアップしたデータ量によります)、再度設定等をするのが面倒くさいので(ほとんどの設定は復元されますが、一部再度設定しないといけない箇所があるため)、「あーそれは、面倒くさいのでまだしていません。」と答えました。

するとスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)がビックリすることを言ってきました。「本体のシステムの故障も考えられますし、復元しても直るか分かりませんので、保証期間内なので、新しいiPhoneと交換しましょうか?」とあっさりと新品交換を提案してきたのです。
家のiMacにiPhone5のバックアップは取ってありますので、新しい本体になってもすぐに元の状態に戻すことが出来ます。だから、新しいiPhone5に交換されても、まったく困りません。むしろ新品になるなんて、こちらが得してしまいます。
「そうですね、お願いできますか。」スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)の新品交換という素晴らしい提案をお願いすることにしました。

日本の会社では不可能な対応

Apple Storeで対応してもらうと、最後にiPhoneのような端末で今回対応の明細とを見てから、端末に手書きでサインをします。その時に表示されていた明細には、¥19,800と書いてありました。この端末を交換という対応は、本来¥19,800はかかるということなのでしょう。スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)が「今回は無償で交換ですので、費用はかかりません」と説明してくれます。こちらとしては¥19,800もするものが無償で対応してくれたということで、なんだかとても気分が良くなってしまいます。

という訳で、Apple Storeは今回も素晴らしい対応をしてくました。あまりにスムーズだったので、当たり前のように無償で本体を交換してもらっただけかと思ってしまいます。しかしよく考えてみると、このApple Storeの対応は、日本のお店ではありえない対応だと気付きました。

これが日本のお店ですと、新品に交換する場合は、「上の許可がいる」はずです。そのお店の店長等に許可を得ないといけないため、店員さんは一度裏に行って上の許可を貰いにいくはずです。大きな金額がかかる場合は、必ず上の許可がいるのが、日本の会社です。もしかしたら、水に濡らして本体がショートしている可能性もあるので、本体の中にある水没シールを確認して、水没していると指摘してくる可能性もあります。

しかしApple Storeのスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)は、上の許可を貰いに行くこともせず、当たり前のように新品交換を提案してきました。今回のケースも、もしかしたら復元をしたら直るかもしれません。僕が「復元は面倒くさいのでしていない」という発言を汲み取ったのかどうかは分かりませんが、目の前にお客に取って最適な事は何かと考えた上で、スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)は、新品交換がベストな対応だと判断し、上の許可を貰うことも無く、あっさりと新品交換をしてしまいました。

そういえば、Apple Online StoreでiPad miniを購入した時にも、このApple StoreのGenius Barで素晴らしい対応をしてもらいました。インターネットで購入したiPad miniを開けた瞬間、iPad miniに小さな傷があったのです。

インターネットで購入したし、最初から傷があったと説明しても、証明するすべもないし、これは交換は無理だろうと思ったのですが、Apple製品で困ったときは、Apple Storeに行くのが一番だと思い、Genius Barを予約してApple Storeへ行きました。スペシャリスト(Apple Storeの店員さん)に事情を説明すると、この時もあっさりと新品交換をしてくれました。その時対応してくれたスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)は、「いきなり傷が付いていたら、悲しくなりますよね。これで気持ちよく使ってください」と言ってくれました。この時も、上の許可を得ることは無く、あっさりと新品交換です。

顧客に取って何がベストなのか。困っているから顧客はわざわざここまで来てくれているのです。顧客の気持ちを第一に考え、それに対応するのがスペシャリスト(Apple Storeの店員さん)です。Apple Storeの店員さんは、スペシャリストという名前があります。Apple Storeの店員さんという名称ではありません。スペシャリストという名称があります。なんだか偉そうに聞こえるかもしれませんが、それは、Appleの製品に最高の対応をしてくれるという意味があるからです。

是非一度体験して欲しいApple Storeでの対応

これは体験した人にしか分かりません。このApple Storeで素晴らしい対応をしてくるからという理由だけで、Apple製品を使う理由になります。世の中には、IT機器の使い方に詳しい人のほうが少なく、機械には弱い人が大多数です。だからこそ、困ったときに素晴らしい対応をしてくれるという理由だけで、Apple製品を選択する理由の一つになります。

ガラケーからそろそろスマートフォンにと考えている人も多いと思います。すでにiPhoneに変えている人は、iPhoneを使ってみたいと思い、自発的にiPhoneを選択した方だと思います。問題は、そろそろ携帯電話を変えようかなぁと思っている人です。こういった人は、あまりコンピュータが得意ではありません。基本的にコンピューターの使い方がよく分からないため、何かあったときにうまく対応することができません。そういった方がAndroidのスマートフォンを購入してしまうと、大変なことになります。Androidスマートフォンもかなり端末のレベルが高くなってきましたが、故障時の対応等は、購入したお店になってしまいます。docomoショップやSoftBankショップやauショップ、または家電量販店になるかと思います。こういったお店でも、しっかりと対応してくれるとは思いますが、僕の経験からいくと、Apple Store以上のサービスをしてくれるお店はないでしょう。そういった観点からも、僕は「iPhone以外はありえないよ」と薦めることにしています。

大多数の人がiPhoneを使っていて、iPhoneの素晴らしさを感じているかと思いますが、願わくば、お使いのiPhoneが故障し、Apple StoreのGenius Barでの素晴らしい対応を体験してもらいたいと思います。人のiPhoneが壊れることを願うのは可笑しな事だと思いますが、これは体験した人にしか分かりません。使っている物が壊れることも喜びになってしまうAppleMagicを、是非あなたにも体験してい欲しいと思います。

アップル 驚異のエクスペリエンス ―顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則
アップル 驚異のエクスペリエンス ―顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則

この本を読むと、Apple Storeがどうして素晴らしい対応ができるのかが分かります。また、日本の小売業の抱えている問題点も見えてくると思いますので、是非読んでみてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。

    ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

    大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

    楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

    follow us in feedly