なんですかこれは!3D?!そこに人がいますけど?「ホビット 思いがけない冒険」がとんでもない!

スポンサーリンク

私ぶったまげました。最初に映像が出た時、思わず「えっ」って言ってしまいました(周りにいた方ごめんなさい)。人が目の前にすーっと動いている。その後も続くありえない映像。「ええええええ!!!!!」「おおおおおお」なんですか、これ!ビックリぶったまげました。その理由はこの映画を観たからです。

映画『ホビット 思いがけない冒険』公式サイト
3Dを越えた!!!

LR DWP640x960
「ホビット 思いがけない冒険」を観ました。凄いです。これは絶対3Dで見たほうがいい!でも普通の3Dの映画館で観てはダメです!ハイ・フレーム・レート3Dで上映できる映画館で!さらに言うなら、IMAXシアターで観て下さい(IMAXシアターでも、ハイフレームじゃないところがあるようです)。本当にビックリして久しぶりにオシッコを漏らしてしまいそうになりました。それぐらいの衝撃。何故IMAXシアターの3Dじゃないといけないのか説明します。

Theaters|Theaterpage Master

ホビットをハイ•フレーム•レートで観た方はその映像の滑らかさにまず違和感を感じるでしょう(いい意味で)。あまりに登場人物の動きが滑らかで、本当にそこにいるかのような臨場感。何でこんなに滑らかなのかというと、このハイ•フレーム•レートというのは、通常の映画館の映像より2倍のコマ数で再生しているから。この技術をHFR3D(ハイ・フレーム・レート3D)といいます。

HFR3D(ハイ・フレーム・レート3D)って何?:シネマークblog:So-netブログ
HFR3D(ハイ・フレーム・レート3D)って何 …
通所の倍のコマ数で映像を作っている!

もうこの映像の滑らかさ!なんて表現したらいいのでしょうか?!初めてバーチャファイター2を見たときの衝撃でしょうか(今の20代には絶対分からない表現ですいません)ヌルヌル人が動いて、大勢の群衆がグワワワーーーーーと動いても、映像がくっきりはっきり(この群衆が動くような場面はIMAXだと、チラつかないらしい)。登場人物の肌の質感。肌というかなんといったらいいのでしょうか。独特の質感。もうCGなのか実写なのか。次元の違う凄い映像で説明不能です!!!そして、IMAXシアターは壁一面の大画面!目の前に人がいるかのような映像!そして臨場感ばつぐんの音響設備!本当にIMAXの音は凄い!!!たまに音でビックリして声を出してしまうほど。IMAXの3Dは¥2200と普通の3Dより200円高いけど、それだけの価値はあります!!!

映像だけでなく、話も面白かった。登場人物も個性たっぷり。約3時間と長い映画ですが、まったく長さを感じさせません。この「ホビット」は3部作で製作されており、2013年に2作目、2014年に最終作が上映される予定のようです。もう続きが早く観たくてしょがない。この驚異の映像が観たい!!!2作目を待つ暇あったら、もう1回観に行ってもいいんじゃないかと。いやー本当に凄かった。これはアバター以来の衝撃でした。まだまだ技術的進化というもので実現する奇跡があるんだと再確認。

とにかくいますぐハイ・フレーム・レート3DのIMAXシアターへ!この名古屋で観ることができる映画館があってよかった!だって名古屋ってだいたいこういうの省かれるからさ(笑)

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly