CANONのレンズ紹介iPadアプリに新刊が登場。今回はマクロレンズ特集。

スポンサーリンク

キャノンのiPad用アプリに、キャノンの一眼レフのレンズを紹介するアプリがあります。

キヤノン:EF LENS HANDBOOK
待望の新刊が登場。

僕のブログでも以前紹介しましたが、巷にある写真撮影の解説本を上回る素晴らしい完成度。このアプリを使っている方は知っているかもしれませんが、アプリ内に新しいカタログが追加されていく仕様になっています。キャノンの新しいレンズが登場したときは、バージョンアップすることで「EF LENS HANDBOOK」内のページに、新しいレンズの紹介ページができたりしています。

レンズの種類は増えていく場合は、最初からある「EF LENS HANDBOOK」に追加されていってしまうとなると、新しく追加されるガイドブックは何になるのか分かりませんでした。この手のアプリにありがちなパターンのひとつとして、注目されなくなって、そのまま自然消滅していくパターンがあります。キャンのレンズ紹介アプリも、そんな悲しいパターンになってしまうのかと思っていましたが、さすがキャノンさん。この度新しいハンドブックが追加されました。

新しく追加されたのはマクロレンズ特集

待望の新ガイドブックは、マクロレンズを紹介するガイドブック。すでに「EF LENS HANDBOOK」内にマクロレンズは紹介されています。わざわざ新しくガイドブックとして特集を組む訳ですから、商品紹介とは少し違った内容になっています。

今回新しく追加されたガイドブックは、マクロレンズを使うことで、どういった写真が撮れるのか、マクロレンズの魅力を分かりやすく教えてくれるガイドブックになっています。

IMG 0648

デジカメにはマクロモードというのがあり、使っている方も多いかと思います。一眼レフのマクロレンズは、普通のコンパクトデジタルカメラより、マクロ用のレンズを装着することで、かなり近寄った写真や、背景を思いっきりぼかして接写することができます。スマートフォンの性能が上がってくると、それなりに綺麗な写真が撮れるようになってきたので、より背景をぼかす写真を撮りたいという欲求が高まっているように思います。

そういった事情から、iPhone用アプリには、擬似的に背景をぼかすことで、一眼レフでぼかして撮影した写真のように、写真を加工できるアプリも出ています。しかし、やはり擬似的にぼかしたものでは、一眼レフのマクロレンズでぼかして撮影した写真には勝てません。

IMG 0652

iPadで操作することで、体験することも

このアプリの特徴として、簡単な操作をさせることで、実際に一眼レフカメラとそのレンズで撮影した場合、どのように写真が撮れるか体験できることです。

IMG 0653

今回は、ハイブリッドISがどのように働くかを体験することができます。

これぞインタラクティブな電子書籍

電子書籍はただ紙の本をデジタルにしたものがほとんどです。ただ紙をデジタルにするだけでもメリットはあるのですが、キャノンの「EF LENS HANDBOOK」は、インタラクティブ性も取り入れた、電子書籍の見本と言ってもいいでしょう。

iPhoneやスマートフォンの写真では物足りなくなったあなた。このアプリで写真を勉強して、デジタル一眼レフカメラデビューをしてみませんか。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly