ケーブル付きモバイルバッテリーOkiti 10000mAh 購入後の使用経過報告(45日)

すぐにiPhoneを充電することができる
スポンサーリンク

モバイルバッテリーをここまで使うようになったのは初めてかもしれません。ケーブル付きモバイルバッテリーOkiti 10000mAhを購入してから45日が経過しましたが、ほとんど毎日使っています。

これまでもモバイルバッテリーを使っていましたが、使うのに手間がかかる為、あまり使っていませんでした。

モバイルバッテリーの問題点

スマートフォンの電池が切れそうになったときに活躍するのが、モバイルバッテリーです。予め充電をしておいた四角い箱から、スマートフォンを繋いでやれば、減ってしまったスマホのバッテリーが回復します。

無くてはならないアイテムの一つですが、思ったより使わずにいました。

ケーブルを差し込むのが面倒くさい

鞄からモバイルバッテリーを取り出して、さらにケーブルも取り出さないといけません。充電をしたい端末にあったケーブルをモバイルバッテリーに差し込み、スマホ側にも端子を差し込むと、ようやく充電ができます。

たったそれだけですが、それだけのことで充電をするのが億劫になってしまいます。

そんな問題点を解決したのが、このモバイルバッテリーです。モバイルバッテリー自体にケーブルが内蔵されているので、すぐに充電をすることが出来ます。

ケーブル付きモバイルバッテリーOkiti 10000mAhの欠点

Lightning変換アダプタを装着しないといけないところです。内蔵されているケーブルはMicro USB端子です。iPhoneを充電する場合は、モバイルバッテリーの中にしまってある、Lightning変換アダプタを付けなければいけません。

Okiti 10000mAh 超薄型モバイルバッテリーの内蔵ケーブル

ケーブルが側面に付いています。

Lightning変換アダプタが内蔵されている

ここにLightning変換アダプタが内蔵されている

Lightning変換アダプタを装着状態

Lightning変換アダプタを装着

モバイルバッテリーの中に変換アダプターがあるので、そこまで手間ではありませんが、iPhoneを充電するには、ワンアクション多くなってしまいます。

iPhoneだけ充電できればいいという方は、Lightningケーブルが内蔵されたモバイルバッテリーを購入しましょう。

USB Type CとLightningが欲しい

ケーブル付きのモバイルバッテリーはいくつか販売されていますが、まだUSB Type C端子になっているものは無いようです。どの製品も、Micro USB端子とLightning端子という組み合わせです。

少しずつUSB Type C製品が増えているので、そろそろUSB Type Cを内蔵したモバイルバッテリーの登場を期待しましょう。

mazonでモバイルバッテリーを調べてみると、モバイルバッテリー自体を充電する、ケーブルが内蔵されているものがありました。

さっそくモバイルバッテリー自体を充電するケーブルを内蔵しているものを購入しました。届き次第レビューします。

モバイルバッテリーを持っている人がほとんどだと思いますが、たまにAmazonをチェックしてみてください。新しいタイプのモバイルバッテリーが登場して驚くでしょう。

最初のレビューはこちら。

 

スポンサーリンク


すぐにiPhoneを充電することができる

ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。