無料券!スターバックスの会計時にランダムに出る当たりレシート。

スポンサーリンク

週に5回はスターバックスに行く、大のスタバファンです。これだけスターバックスに通っていると、思わぬことに出くわします。

当たりのレシート

なんと、スタバには当たりのレシートがあるのです。

厳密に言うと「当たり」ではないのですが、アンケートに答えることで、ドリンク1杯無料になるので、「当たり」といってもよいでしょう。

いつもより長いレシートが出てきた人。おめでとうございます。これが当たりのレシートです。

記載されているURLにアクセスし、アンケートに答えましょう。アンケート回答時間は5分ぐらいでしょうか。

アンケートを終えると、画面に数字が表示されます。これをレシートに記入し、次回スターバックス利用時に渡してください。好きなドリンクが1杯無料になります。

「カスタマイズしても無料ですので、是非お答えください」とのこと。1日に複数回スターバックスに行くと、あんた行き過ぎだよ!(笑)って警告の意味でこのアンケートが出るのかと思い、「これって1日に3回もスタバに行ったりすると出るんですか?」と聞くと、笑顔で「ランダムです。なかなか出ないのでレアですよ」とのこと。この言葉を聞いてホッしました。だってこれからも1日に3回も4回もスターバックスに行っていいのですから(笑)

アンケートの内容に感動

アンケートに要する時間は5〜10分ほどでしょうか。昨今では、スマートフォン等のインターネットに接続できる端末を持っていると思うので、すぐに店内でアンケートに答えることができるでしょう。

そして、アンケートに答えていくわけですが、スターバックスファンとしては、このアンケートの質問項目を見るだけで、心がウキウキしてしまいました。

スタッフは注文のやりとり以外でも積極的に話しかけてきましたか?

こんなアンケートがあるお店はスターバックスだけでしょう。ただコーヒーを売るだけでのお店ではないからです。顧客との関係を1番大事にしているからこそ、このような質問があります。

スタッフはお客様またはお連れの方の顔を覚えていましたか?

この質問も嬉しくなってしまいます。スターバックスの店員さは、僕らのことを、ちゃんと覚えていてくれます。今回当たりが出たお店は、いつも通っているお店ではないので、このアンケート通りの回答にはなりませんでしたが、僕がいつも通っているお店なら、間違いなく全部「はい」です。スターバックスは通い続けることで、お店とスタッフの方と、その人だけの関係を作っていくことができます。ただドリンクを飲んで終わりのお店ではなく、人と人の関係を築いていくのがスターバックスです。

この質問に悔しくなった

たくさんの質問の中から、この質問に悔しくなりました。

最近1ヶ月の間に、スターバックスに何回来店しましたか?
この質問を見た時ニヤリとしましたが、回答の項目を選択した瞬間悔しくなりました。なんと一番多い項目は、31回以上と書いてあります。

31回以上を選択できないことが悔しすぎる!!!
ここ最近は、1日3回とか4回スターバックスに行っていますので、このペースで行けば、軽く31回以上は行くはずなのに、まだこの熱愛振りになってから数週間のため、残念ながら25回と選択せざるを得ませんでした。もう少し後にこのアンケートが出てくれれば、、、胸を張って、31回以上を選択できたのに!

今回は25回でしたが、このまま通い続ければ、きっと近いうちに、またアンケート付レシートが出ると思われます(笑)なかなか出ないらしいので、これだけ通っても難しいかもしれませんが、余裕で31回を押せる日が来るよう、これからもプロスターバックスファンとして頑張っていきたいと思います!

皆さんもお気に入りのスターバックスに通って、当たり付きのレシートを出しましょう!というのは冗談で、当たり付きのレシートを出すことより、そのお店とスタッフの方との素晴らしい関係を作って下さい。それが、スターバックスファンなら誰もが思う気持ちだと思います。

by カエレバ

 

スポンサーリンク




ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。