高級キーボードとはこんな感じ。Filcoのキーボードでタイピングを撮影しました。

スポンサーリンク

Filcoのキーボードを購入したおかげで、文字入力がとても快適になりました。iMacに付属のApple Wireless Keyboardの感触とは違い、はっきりと文字を入力しているというのが自分でも分かるキーボードです。その打っている感触も極上です。キータッチが良いので、正確にどんどん文字を入力していけます。

その極上のキータッチとはどんなものか。動画でアップしました。最初に出てくるのが、Apple Wireless Keyboardです。iMacに付属しているキーボードです。見た目はシンプルでオシャレですが、打ち心地はあまりよくありません。キーが安っぽいのか、長時間文字を打っているととても疲れます。

その次に出てくるのが、Majestouch 2 Convertible 黒軸・フルサイズ・かななしのキーボードです。とにかくカチャカチャとリズミカルに文字を入力していけます。若干カチャカチャうるさいように聞こえますが、打っている方がリズミカルに文字が打てて、とても気持ちいいです。

同じ文字を入力してタイムを計測しました。計測に使用した文章はこちら。

「最近よく言う「自分へのご褒美」みたいなのもいらないですね。そんなもんやめたほうがいいです。」

これはネット上で見付けた、有吉弘行さんの名言です。

計測結果は、
Apple Wireless Keyboardが19秒。
Majestouch 2 Convertible 黒軸が16秒という結果になりました。

僅かな差ですが、この僅かな差が長文を入力していると効いてきます。さらに、文字をタイピングしている時のストレスもないため、より長文を打つのがスムーズで早くなるかと思います。

ここまで劇的に違うとなると、iPad用のBluetoothキーボードも、コンパクトでキータッチの良いキーボードさえあれば、外でのブログ執筆環境に革命を起こせるかもしれません。

次はコンパクトなBluetoothキーボードを探してみたいと思います。

FILCO Majestouch2 Convertible 黒軸 日本語カナなし Bluetooth+USB&PS/2 Nキーロールオーバー対応 独CherryMXスイッチ黒軸採用メカニカルキーボード マルチペアリング4台対応 ブラック FKBC108ML/NB2
FILCO Majestouch2 Convertible 黒軸 日本語カナなし Bluetooth+USB&PS/2 Nキーロールオーバー対応 独CherryMXスイッチ黒軸採用メカニカルキーボード マルチペアリング4台対応 ブラック FKBC108ML/NB2

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。