Nexus5は最高のYouTubeプレイヤーだ!

スポンサーリンク

iPhoneではあまり見なかったYouTubeですが、Nexus5を使いだしてから、急に見るようになりました。なぜこんなにYouTubeを見るようになったかと言いますと、ホーム画面に置くとができるウィジェットのせいです。

このYouTubeのウィジェットを、ホーム画面に置くと、YouTubeのアカウントに登録してあるチャンネル(番組のようなもの)のサムネイルが常に表示されます。iPhoneですと、ホーム画面にはアプリのアイコンしか表示されませんから、YouTubeのアプリを立ち上げないと、どんな動画が新しくアップされたのか分かりません。しかし、Androidスマートフォンは、ホーム画面にウィジェットを置くことができます。YouTubeのウォジェットは、登録してあるチャンネルが新しくアップした動画がサムネイルで表示されいます。

image

さらにこのサムネイルが、時間が経つと自動でその後ろのサムネイルに変わっていきます。もちろん手動でもサムネイルを動かすことができ、サムネイルを自分で動かして、他の動画を再生することもできます。

Nexus5とYouTubeの相性は抜群!

このウィジェットでホーム画面に動画が表示されていることが、YouTubeをたくさん見るようになった大きな要因ですが、僕がYouTubeを見るようになったもうひとつの理由があります。

Nexus5の画面が大きいから

Nexus5の画面は4.95インチ。iPhoneの4インチ液晶より、Nexus5はひとまわり大きいサイズの液晶を搭載しています。数字で書くとあまり違いを感じないかもしれませんんが、実際にYouTubeを見てみると、明らかに違いを感じます。

この動画を見てもらうと分かるように、明らかにNexus5のほうが見やすいのです。Nexus5のほうは、画面を縦のままで再生しても見やすいのですが、iPhoneのほうは、少々画面が小さいため、縦のままYouTubeを再生してしまうと、少々見づらいなぁと思わざるをえません。

YouTubeアプリは、画面を拡大する機能がありますが、画面を拡大してしまうと、動画を横向きに再生してしまいます。横向きに再生されると、iPhoneを
横向きに持ち直さないといけません。しかし、横向きでiPhoneを持つと非常に手の収まりが悪く、手で持ちながらiPhoneを持つのはちょっとしんどいなぁと思ってしまいます。

じゃあiPhoneをスタンドで立てて、横向きに固定した状態で見ればいいように思いますが、動画の再生が終わって、動画を選択する画面に戻ってくると、強制的に画面が縦になってしまいます。この状態では非常に操作しづらいため、やはりiPhoneを縦向きに変えるなければいけません。本当は縦向きのままでYouTubeをを見ていたいのです。しかしNexus5なら、縦向きのままでも画面が大きいため、そのままで動画を見続けることができます。

縦向きで動画を見ても画面を小さく感じず、見やすいスマートフォンというのがNexus5なのです。Nexus5は4.95インチとやや大きめの液晶画面を搭載していますが、Nexus5自体が非常にコンパクトなサイズですので、あまりそのサイズ感を感じません。YouTubeが大好きな方には、iPhoneやiPad miniではなく、このNexus5を強くオススメします!Nexus5でYouTubeを見てみると、僕の言っている意味が分かってもらえると思います。

YouTubeが三度の飯より大好きというあなた!今すぐGoogle Playのページから、Nexus5を購入しましょう!!!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。