「ASUS Eeebook X205TA 」が修理から返ってきました

スポンサーリンク

BIOS更新に失敗したASUS Eeebook X205TA」を修理に出しましたが、ついに修理から帰ってきました。
1週間経ってもステータスに変更がなかったので、これはしばらく掛かるかもしれないと覚悟を決めていましたが、昨日、突然ステータスが変更されました。

スクリーンショット 2015-01-28 11.04.23

13日で帰ってきた

修理に出したのが1月15日、修理から自宅に戻ってきた日が1月28日。約2週間で帰ってきたことになります。もう少し早いと言うことはありませんが、2週間なら許容範囲でしょうか。パソコンがないと仕事にならないという方は、ASUSのパソコンを修理に出すと、2週間はかかるということを覚えておくといいかもしれません。2週間もパソコンがないと困る方は、予備のパソコンを持っておく必要があります。

無償修理だった

BIOS更新失敗というのが原因のため、「ASUS Eeebook X205TA 」の基盤を丸々交換したようです。ボディにシールを貼っていたので、ボディーが変わっていないことが確認できました。「ASUS Eeebook X205TA 」はストレージが基盤直付のため、マザーボード交換となると、データが丸々消えてしまいます。手元に帰ってきた「ASUS Eeebook X205TA 」には、修理前に入っていたソフトは勿論入っていませんでした。こういうときのために、バックアップなどをしておく必要があるでしょう。ただし、「ASUS Eeebook X205TA 」は、ストレージ容量が少ないため、ソフトやデータをたくさん入れていなかったので、再度ソフトやデータを入れるのも、そこまで大変ではありませんでした。

1年の保証期間内とはいえ、故障の原因はBIOS更新失敗です。無償修理というのは、かなり良いサポートとじゃないでしょうか。

安心して購入できる環境

電話サポートも良かったですし、修理に要する時間もマズマズ。さらには無償で修理してくれました。日本のメーカーではないASUSですが、パソコンを購入しても安心できるサポート体制だと感じました。価格と性能のバランスがとてもいいですし、品質もかなり上がってきています。これからASUS製品を購入する人も増えていくことが予想されます。もし購入を迷っている方がいましたら、安心して購入してよいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。