レビュー「Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B」コンパクトでしっかりとした三脚

スポンサーリンク

最近のデジタルカメラは手ブレ防止機能が付いていますが、よーく写真を見てみると、結構手ブレしています。ガッチリ脇をしめて写真を撮ったつもりでも、ボケていることがあります。そう、自分が思っている以上に、動かずに撮影するのは難しいのです。

じゃあ、どうやって手ブレをしないで写真を撮ればいいのでしょうか。

手ブレをせずに写真を撮るには三脚が一番です。デジタルカメラを三脚で固定してしまえば、手ブレをすることはありません。しかし、三脚はそれなりに大きくて重いため、常に持ち歩くのは億劫です。できることなら、軽くて小さい三脚がいいのですが、軽くて小さくなると、デジタルカメラをしっかりと固定することができなくなります。常に持ち歩けるぐらいコンパクトで軽い三脚がないか探していたところ、無茶な要望に応えてくれる三脚を見つけました。

コンパクトで簡単操作

IMG_20150321_082205

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B」という三脚です。写真のとおり、高さがない三脚です。集合写真を撮ったりするのには向かないかもしれませんが、個人的な写真を撮るのには、役になってくれるサイズです。何より、コンパクトで軽いのに、しっかりと安定しているというのが素晴らしい三脚です。

IMG_20150321_082230

使い方は三脚穴に通したら、赤く丸いボタンを押し込むことで、カメラの位置をグリグリと変えることができます。

IMG_20150321_082349

棒が短いのを活かして、動画を撮るときにカメラを動かすのにも使えます。手で持って動かすより、こういった棒を持ってスーッと動かしたほうが、映像がグラグラしません。静止画だけではなく、動画撮影にも使える万能な三脚です。

写真のクオリティーを上げるためにも

三脚が無くても写真は撮れるため、常に三脚を持っている人はあまりいません。しかし、持っていれば格段にクオリティーの高い写真が撮れますし、動画を撮影するときには、同じ視点からの映像を撮り続けることができます。「Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B」を鞄に入れておけば、いざという時に使える三脚です。値段もお手頃な価格ですし、購入を検討してみてください。

SONYの高級コンパクトデジタルカメラ「RX100」シリーズ用のケースは、ケースに三脚穴が付いているため、ケースを付けたまま「Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B」を使うことができますよ。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。