レビュー「Spigen Galaxy S6 edgeケース クリア バンパー ウルトラ・ハイブリッド」非常に精度の高いケース

スポンサーリンク

Galaxy S6 edgeのケースが安くなっていたので、購入しました。次期型のGalaxy S7の噂も上がってきています。Galaxy S6 edge用ケースの在庫処分ということでしょう。

今回購入したのは、「Spigen Galaxy S6 edgeケース クリア バンパー ウルトラ・ハイブリッド」というケースです。バンパーだけかと思いきや、しっかりと背面をカバーしてくれるケースです。

同梱されているもの

image image

同梱物は写真の通りです。背面用の保護フィルムが入っていますが、僕はつけずに使っています。背面の保護フィルムを付けなくても、傷がついたりはしないでしょう。

装着してみた感じ

image image

非常にぴったりと隙のない作りです。本当はバンパー部分も透明になっているものが欲しかったのですが、売り切れていたために、ミントを購入しました。バンパー部分がアクセントになって良い感じです。ホワイトのGalaxy S6 edgeなら、色のマッチング的に、よりキュートになるでしょう。

使用感

image image

音量ボタン、スリープボタンの部分が凹んでいます。通常のケースですと、ボタン部分が盛り上がっているものがほとんどですが、「Spigen Galaxy S6 edgeケース クリア バンパー ウルトラ・ハイブリッド」はボタン部分が凹んでいます。これが押しにくいかと思いきや、実際にボタンを押してみて驚きました。かなりボタンが押しやすいのです。グッと力を入れて押すことができるので、ボタン部分が盛り上がっているケースより押しやすいように感じました。
image

ケース自体も軽いため、Galaxy S6 edgeに装着しても重くなりません。ケース自体も薄く作られているので、ケースを付けていない感覚で使うことができます。しっかりとGalaxy S6 edgeの角も保護しているので、普通に床に落とすぐらいなら、Galaxy S6 edgeが割れてしまうようなことはないでしょう。4月頃には新型のGalaxy Sシリーズが登場しているとは思いますが、Galaxy S6 edgeを使っている方は、在庫処分中に一つ買ってみてください。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。