キャリアショップで契約せずに、カメラのキタムラで契約しよう

スポンサーリンク

一括0円。この言葉を発してはいけないような世の中になってしまいました。当たり前のように存在した一括0円のスマートフォン。スマホの月額代金を安くしようと国が動いたら、一括0円のスマートフォンは無くなり、通話代や通信料はそのままという状況です。

「実質0円規制」緩和求めるソフトバンク、ドコモは抜け道封じを要望――総務省のフォローアップ会合 – ケータイ Watch
文句の言い合いになってきました。

未だにお国と事業者が意見交換をしたりしていますが、端末代の実質0円もダメというような雰囲気になっており、かえって毎月の支払いが増えているような状況です。

大手キャリアで契約することに、大きなメリットがなくなりつつあるのに、店頭にいくと要らないオプションをつけられたり、頭金を取られてしまうような状態です。昔のようにキャッシュバックもほとんどありませんし、端末を一括0円で手に入れれても、端末代を毎月割り引く値引きが0円になってしまい、毎月の料金を安くすることができません。以前より条件が悪くなっているのに、相変わらず不要なコンテンツを付けられたり、本来なら不要な頭金まで取られています。

そんな状況のスマートフォン契約事情ですが、頭金もコンテンツを付けなくてもよいお店がありました。

デジカメ・デジタルカメラのことならカメラのキタムラ|カメラのキタムラ
安心の対応です。

カメラのキタムラです。そうやって謳っておいて、実際に行くと色々コンテンツを付けられるのだろうと覚悟していましたが、コンテンツを勧めてくることもありませんでしたし、頭金も本当についていませんでした。

対応もテキパキしており、スマートフォンを契約しにいって、1番スムーズに気持ちよく契約することができました。キャリアショップなんて名ばかりで、ただの販売店ばかりです。不要なコンテンツを強制しないと契約できませんし、さも当然かのように頭金もつけられます。月額料金を安くすることができないのなら、まずは消費者を騙すような商売をやめるべきでしょう。

非常にスムーズに契約が終わってしまい、拍子抜けしてしまいました。

MNP限定で、docomoのiPhone6s 64GBが、下取り端末が無くても一括0円でした。

月々サポートがつかないため、毎月の料金はあまり安くはなりませんが、端末代が上乗せされないおかげで、純粋に通話代と通信料だけという納得の料金にすることができました。

20GBの通信プランにしたい方は、今のキャリアで契約変更するのではなく、MNPをしてiPhone6sにしてみるのを検討してみてください。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。