電話でしか解約できない格安SIMカード会社

スポンサーリンク

格安SIMカード使っていますか。通話を使わないユーザーは、格安SIMカードを使っている方も多いでしょう。データ通信しかできない契約は、ネットで簡単に契約ができます。手続きが簡単なので、解約するのも簡単かと思いきや、、、電話じゃないと解約できない会社があるのです。基本的にデータ通信のみの契約は、半年、1年といった期間の縛りはありません。期間の縛りがないので、つい気軽に契約してしまいますが、、、解約するときに大きな落とし穴がありました。

電話でしか解約できないように手間をかけることで、解約を先延ばしさせたいのでしょう。

解約するときに苦労する前に、電話でしか解約できない格安SIMカード(MVNO)の会社を覚えておきましょう。

電話でしか解約できないMVNO

  • 楽天モバイル
  • UQ mobile

ネットで簡単に契約して使えるのが、格安SIMカードのよいところ。それなのに、解約するのに電話をしないといけないのは理解に苦しみます。どう考えても、ネットで解約させたほうが簡単なのに、わざわざ電話をさせるのには理由があります。

混雑して電話が繋がり難いので、また今度にしようと先延ばしさせる。

どんな企業でもサポートに電話をすれば、随分と待たされることになります。すぐに繋がらないというのがポイントです。待たされるとイライラしてくるので、また今度にしようとなります。そうなればしめたもの。解約手続きの期限を過ぎてくれれば、1ヶ月分余分にお金が入ってくるからです。

楽天モバイルは、15日以降になると翌月末の解約になります

当月中に解約するには、15日までに電話をして、解約の手続きをしないといけません。16日になってしまうと、翌月の末に解約になります。楽天モバイルは日割りで解約できません。解約するタイミングには気をつけましょう。

UQ mobileは日割りで計算されるようですが、先延ばしすると、その分料金が加算されます。早めに電話をして解約の手続きをしましょう。

解約するときのことも考えよう

加入者が増えてくると、通信速度が急激に遅くなることがあります。設備増強をして改善してくれればいいのですが、楽天モバイルのように改善する気のない会社もあります。

いつでも解約できるように、解約のしやすい会社を選ぶことも大事でしょう。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。