Android スマートフォン

Android分割画面表示機能を使いこなす

スポンサー

Androidスマートフォンの良いところはたくさんありますが、iPhoneにはない機能の一つに、分割画面表示機能があります。

これは縦に長いスマートフォンの画面を活かした機能で、アプリの画面を縦に二つ並べることができます。

どんどん縦に長くなるスマートフォンですが、この画面の大きさを活用した機能になります。

画面が大きくても一つしか表示できないiPhoneとは違い、Androidは二つのアプリを同時に表示することができます。

上の画面にYouTubeの動画を流しながら、下の画面でKindleアプリを使って本を読むこともできます。

上でYouTubeを見ながら、下でメッセージサービスやSNSを使って、誰かとやりとりなんてこともできます。

そんな便利な分割画面表示機能を紹介します。

分割画面表示機能とは

その名の通り画面を分割して表示する機能です。縦に長いスマートフォンの画面を活かして、縦に2つのアプリを同時に表示することができます。

こんなふうに。

スマホが縦に長い意味が、Androidスマートフォンならあります。

youtubeを見ながらTwitterなんてことも。

ここにポテチとコーラなんて食べながら楽しめば、自堕落すぎる、しあわせなITせいかつの完成です。

分割画面表示機能の使い方

分割画面表示機能を使うのは簡単です。

  • 上に持っていきたいアプリを立ち上げる
  • タスクビューにする
  • 上に持っていきたいアプリのアイコンを長押しする
  • 分割画面で表示を選択
  • 下の画面に表示されるアプリ一覧から、下に起動したいアプリを選択

これで上と下にアプリを表示することができました。

3対7の比率がオススメ

真ん中の境目を押しながら上下に動かすと、上と下の画面表示の比率を変えることができます。

YouTubeを上の画面にして、画面比率を3に。下に配置するアプリを7の比率にします。

これが一番最高な画面分割機能の使い方です。

iPhoneを持っている人もAndroidスマホを買おう

スマホは1台より2台。2台より3台と、あればあるだけ便利になりますし、使い道が出てきます。

ずっとiPhoneを使っている方も、iPhone以上に進化しているAndroidスマートフォンを買ってみてください。

iPhoneより安い値段なのに、とても便利なことに気づくことでしょう。

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。

-Android, スマートフォン
-,