古い Android を初期化したら快適になった話

古いAndroid初期化アイキャッチ Android
Android スマートフォン

スマホをこれまで何台買いましたでしょうか。 皆さんがスマートフォンを使い始めた時期はいつぐらいですか。iPhone 6ぐらいからでしょうか。これまでに2、3台のスマホを買ってきたことでしょう。 古い機種を下取りに出した方もいるかもしれませんし、そのまま古い機種も一緒に使っているかもしれませんね。

僕はiPhone 12 miniに乗り換え、それまでメイン機として使っていたGalaxy Note 8を、とくに初期化もせず使っていました。ちょっと動きがカクカクしたり、もたつくという感じがあったので、この際初期化することに。

初期化して少し触っただけで分かります。明らかに動きが違う。 まるで新しいスマホを買ってきたかのように、スムーズにサクサクと動きます。

3年落ちのスマホになりますが、今でも 十分に快適というサクサク感。これをこのまま眠らせておくのはもったいなさすぎます。

ということで、サブ機として有効利用することにしました。

スポンサーリンク

テキスト入力マシンとして

Android は日本語入力マシンとしてなかなか優秀です。

まず Google 音声入力が強力です。以前は、句読点や改行ができませんでしたが、今はできるようになりました。

ある程度は音声で文章を作り、Bluetoothキーボードで仕上げましょう。

Bluetoothキーボードで仕上げる

Androidスマートフォンと、Microsoftデザイナーコンパクトキーボードを外に持ち出して、ブログ記事を仕上げています。

コンパクトなのに打鍵感がよいキーボードです。キーサイズ、キーピッチ、キーストロークが、奇をてらわず作られており、現時点のベストモバイルキーボードです。

キー配置がWindows向けになっていますが、Androidスマートフォンとの相性はバッチリ。Google日本語入力をインストールし、日本語 109A 配列を選択すれば、Windows PCで文字を打っているときと同じ感覚でタイピングできます。

荷物の重さは

Androidスマートフォンが約200g、Microsoftデザイナーコンパクトキーボードが288g。合計488g、だいたい500gといったところ。ノートパソコンやタブレットを持ち出すよりは、軽い荷物です。

古いAndroidスマホを有効活用しよう

僕が使っているGalaxy Note 8 は、Snapdragon835というチップセットが搭載されています。これを搭載したスマートフォンの価格は、2万円代になってきました。性能の低いスマホを新品で安価に購入するより、一昔前のハイエンドを中古で購入するほうが快適です。

自宅に眠っているスマホがある方は、一度初期化してみると、予想以上に活躍してくれるでしょう。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました