Android スマートフォン

【Androidスマートフォンを使いこなす】iPhoneより使いやすい理由

スポンサー

Androidが良い理由 アイキャッチ

ここ数年、iPhoneをメインマシンで使っています。特別iPhoneが好きなわけでもなく、たまたま最新のiPhoneを買ってしまったので、iPhoneをメインマシンとして使っています

iPhoneは処理性能が高いのでストレスなく使えますが、コンピュータを使っている感じがあまりありません。それだけよくできているとも言えますが、よく出来ているが故の退屈さもあります。

その点Androidスマートフォンは、コンピューターを使ってる感じがとてもします。設定項目などややこしい部分もありますが、そこにコンピュータらしさがあります。

とは言いましても、あまりコンピューターに詳しくない人には扱いづらいのも事実です。これから一つずつ確認して、Androidスマートフォンを使いこなしていきましょう。

Androidスマートフォン=Google

Androidスマートフォンを勧める最大の理由は、グーグルのアカウントだけで大丈夫という点です。実際はTwitterやInstagramやなどのアカウントも必要にはなりますが、これはSNSを使うためのアカウントなので省きます。最低限必要な個人情報を管理するためのアカウント。それがグーグルだけで完結します。

これがアップルのiPhoneだとそうはいきません。Appleが提供しているサービスは完成度が低いものが多いため、Googleのアカウントを登録し、Googleのサービスを使って、Appleの足りない点を補完しなければいけません。

皆さんが使っているiPhoneを見てください、GmailアプリやGoogleマップ、YouTubeGoogleフォトといったアプリが入っているでしょう。

アップルが提供していないサービスがGoogleにはあるため、どうしてもグーグルのアカウントが必要になります。

AppleのアカウントとGoogleのアカウントの2つがあることで、IDとパスワードの管理が煩雑になります。どこにメール、情報、データーがあるのか混乱してしまい、使うことに戸惑っている人をよく見かけます。

その点、Androidスマートフォンは簡単です。Googleアカウントだけで完結します。スマートフォンの機種によっては、端末メーカーのアカウントを作らされたりもしますが、これは無視してください。あと、docomoやauなどのキャリアのアカウントを作らされますが、これも無視してください。日本のキャリアのアプリやサービスを使ってしまうと、機種変更をしたときに、色々とスムーズに機種変更が出来ず頭を抱えることになります。

シンプルな使いやすこそ、コンピューターが苦手な方に必要な世界です。

バックグラウンドでの動作

iPhoneはバックグラウンドでの動作に制限があります。制限があることでバッテリーが長持ちしたり、安全に使えるという利点もありますが、逐一アプリを立ちあげる必要があります。

iPhoneを使っていて面倒なのと感じるのは、GoogleフォトやAmazon Photoを立ち上げなければいけないことです。

アップル純正の写真アプリは、撮影した写真をバックグラウンドで勝手にiCloudへアップロードしてくれます。カメラで撮影した後にいちいち写真アプリを立ち上げなくても、クラウドにアップしてくれるので便利です。

それだけを使っていればいいのですが、写真を撮れば撮るほど容量を使っていきます。容量を使うということは、無料ではダメな日がやってきます。5GBを超えると、毎月130円で50ギガバイトを購入しなければいけません。この50GB130円の出費を嫌がるために、Googleフォトやアマゾンフォトを使う必要があります。

Googleフォトは15GB以上で有料になりましたので、Amazon Photoを使っている人も多いでしょう。iPhoneでAmazon Photoを使うと、カメラアプリで写真を撮影した後、逐一Amazon Photoを立ち上げて、Amazonのクラウドにアップロードしなければいけません。

AmazonPhotoで写真を見るわけではないので、Apple純正の写真アプリで写真を閲覧するでしょう。そうなるといつまで経っても、Amazon Photoに写真はアップされません。もしiPhoneをなくしてしまったら、せっかく撮影した写真はパーになります。

これがAndroidスマートフォンですと、バックグラウンドで勝手にアップロードしてくれます。逐一Amazon Photoを立ち上げなくても、写真をAmazonのサーバーにアップロードしてくれます。

使うのが楽チンなのが良い

テクノロジーの進化は止まりません。この10年を振り返ると、凄い時代になったなぁと感じます。だからこそ楽な方がいいのです。何も考えずに機械を使える方がユーザーにとっては良いことです。

使うのが楽な端末が、Androidスマートフォンなのです。

Googleのアプリ=サービス

みなさんアプリアプリと言いますが、アプリというよりはサービスを使っているのです、サービスを使うためにアプリを立ち上げています。そのサービスを提供しているサーバーに行くために、アプリを使っています。

グーグルが優れているのは、プラットフォームを選ばないということ。Androidスマートフォン、iPhone、 iPad、 Androidタブレット、Windows PC。様々な機種でGoogleのサービスが使えます。

そのおかげでiPhoneを使っていても、普通にGoogleのサービスが使えます。

アップルもApple Musicなどのアプリを提供していますが、あまり使いやすいとは言えません、基本的にはアップル製品を買ってもらって、そのアップル製品でサービスを使ってもらうという仕組みになっているからです。

アップルの収益の大半はハードの売上です。ハードの売上に依存している状態なので、ハードを売るために、サービスを提供しています。

一応ハードに依存はしておらず、他のプラットフォームでも使えますが、どうにも使いにくいのが現状です。

Googleは広告やサービスの会社です。ハードの売上が少ないため、ハードに依存していません。Googleのサービスを使ってもらうことで収益を上げています。

様々なプラットフォームで使えるので使いやすいのがGoogleです。

クラウドでサービスを使うのが前提

Googleのサービスはとても使いやすいのですが、使いにくいと感じている人もいるでしょう。Googleのサービスは先進的なので、この感覚についていけないと、Googleのサービスを使いにくいと感じてしまいます。

Googleのサービスは、クラウドで使うことが前提です。自分のデーターが、どこか遠くの場所にあると考えてください。それをインターネットで通信して利用しています。

手元の端末にファイルやデーターができないので、感覚的に使いにくい部分はあるかもしれませんが、どこか遠くの場所にデータを保存していると考えると、とても使いやすくなります。

安いスマホでも恩恵を受けられる

クラウドで使うことが前提なので、高いAndroidスマートフォンじゃなくても、便利な機能を使うことができます。スマホで作ったデータがクラウドを通ることで、様々なことができるのがGoogleです。

10万オーバーの最新機種じゃなくても大丈夫です。あまりに安すぎるandroidスマートフォンだと、サクサク感にかけるのでオススメできませんが、ある程度の性能のスマホなら全く問題はありません。

中古のAndroidスマートフォンを購入しよう

一昔前は10万前後だったハイエンドのスマートフォンも、中古なら5万以下で買えます。自分の予算に合わせて適切なものを選択してください。お勧めは、Snapdragon855を搭載しているスマートフォン。なんと2万円ぐらいで買えるようになってきました。

新品で2万円ぐらいの性能が悪いスマホを買うより、断然役に立ちます。体感的な使用感は2倍以上違います。中古でも程度が良いものを探せば、新品に近いものもあります。中古といって敬遠せず、1度中古Androidスマートフォンを探してみてください。

Galaxy Note10+ 表面
Galaxy Note10+ 表面

僕はGalaxy Note 10+を購入しました、とても満足しております。

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。

-Android, スマートフォン
-, ,