iPhone 12 の結論。Pro以外は買い。

iPhone12miniの結論アイキャッチ iPhone
iPhone スマートフォン

久しぶりに発売日に新しいiPhoneを購入しました。

iPhone 12 mini の背面
iPhone 12 mini の背面

iPhone 7 までは発売日にiPhoneを購入していましたが、ハード的な進化も感じられなくなった上に、Androidスマートフォンのほうが優れている点も多く感じるようになったため、新しいiPhoneを買う意味を見いだせなくなりました。約4年ぶりにぐらいに新しいiPhoneを発売日に購入したのは、ようやく待っていたiPhoneが登場したからです。

縁のない画面
縁のない画面(ノッチはある)

小さいサイズで、縁いっぱいの画面。どんどん画面が大きくなるiPhoneでしたが、ようやく新しいiPhoneに、小さいサイズという選択肢ができました。新しいiPhoneだけではなく、新しいAndroidスマートフォンでも、小さくて最高性能のスマホはありません。

最新の最高の性能が、コンパクトなサイズに。

スマートフォンが忘れていたものが、ようやく戻ってきました。

スポンサーリンク

iPhone 12 mini に感動はない

発売日に購入して、約2ヶ月毎日使っていますが、とくに凄いとか感動したことはありません。冷静に機能を見てみると、これといって新しい機能はありません。

これまでのiPhoneが、最新のA14チップでサクサクと動いて、カメラが綺麗になった

レビューするなら、これ1行で終わりです。本当にただそれだけのiPhoneです。ただ、iPhone 12 miniは、最新の性能が小さいサイズになっているというのが、これまでにない特徴です。

コンパクトで持ちやすいiPhone12 mini
コンパクトで持ちやすいiPhone12 mini

小さいサイズというのを機能とは呼ばないかもしれませんが、ここまでiPhoneやスマホが進化してくると、サイズで選ぶというのも大きな選択肢の一つです。

感動はないけど。最高

感動はありませんが、不満はまったくありません。とにかくストレス無くサクサクと動いてくれるので、何をしても快適です。カメラも普通に綺麗に撮れるので、何も考えずに綺麗な写真が撮れます。Suica機能もあるので、電車の改札もスッと通れますし、Apple PayやQRコードを使った電子決済もできます。

これ1台あれば何でもできます。

人に勧めるならiPhone 12

とても満足して使っているiPhone 12 miniですが、人に勧めるなら、Proの付いていないiPhone12です。今回のiPhoneは、どのiPhoneにもA14チップが入っています。RAM容量の違いはありますが、処理性能は同じです。違いは、カメラのレンズが2つか3つかだけ。

カメラのレンズが2つか3つか、画面が大きいか小さいか。

機能的な違いはこれだけです。画面が大きいのがほしい方は、miniは選択肢から外れます。どうしてもカメラのレンズが3つほしいという方は、Proを選ぶしかありません。望遠カメラは不要という方は、ProのつかないiPhone12を購入するということになります。

そうやって突き詰めていくと、購入するべきiPhoneは、iPhone 12ということになります。

1台で何でも済まそうとするには、画面が大きいほうが便利です。小さいiPhone12 miniより、6.1インチという大画面のほうが、何をするにしても使いやすいでしょう。

iPadを使っている方や、もう1台画面の大きいスマホを持っている方は、iPhone 12 miniという選択肢も出てきますが、多くの方は、ノーマルのiPhone 12 を買うと幸せになれるはずです。

今回のiPhone、iPhone12シリーズの結論は、iPhone 12(Proのついていない)を買うのがベストです。

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました