感動はなくても快適に使えることが大事

Android iPad iPhone Windows

スマートフォン、ノートパソコンを複数台所有し、日替わりで色々使っていましたが、結局は新しいMacbookとiPod touchに落ち着いてしまいそうです。Appleだらけの世の中に嫌気がさし、他メーカーの端末を使ってきましたが、結局はAppleが一番という答えを出すことになりそうです。

スポンサーリンク

快適じゃない

Apple以外の機械を使っていて感じるのは、使っていて気持ち良くないのです。処理が速いとか遅いというような問題ではなく、使っていてしっくりこないのです。感覚的な部分になってくるので、あまり表には出ませんが、これは道具としては致命的です。あっと驚くようなすごい機能なんかなくても、普通に快適に使えることが道具にとっては大事なのです。iPhone、iPad、Macに大きな進化が年々なくなってはきましたが、Appleが発売する機械は、他社の機械より気持ち良く使うことができます。

しかし、Appleが出す機械にも不満はあります。道具に対する不満ではなく、Appleが手がけるサービスです。とくにクラウドに手を出してからの微妙感。様々なデータがクラウドで同期されるはずなのに、データをうまく同期してくれません。辞書のデータがおかしかったり、写真の同期が遅かったり。ほとんどのクラウドサービスに不具合が満載です。ここまでクラウド関係がおかしいと、諦めるしかありません。Appleの自社サービスがイマイチなせいで、安定しているGoogleのサービスを使わざるを得ません。

道具(ハード)は使っても、サービスは他社のサービスを使う。これがApple製品の現状です。できることならハードとサービスの両方がうまく噛み合ってくれると、使う方は助かるのですが、、、

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました