祝テザリング解禁!でも通信速度規制には気をつけないとまったく使えません。

スポンサーリンク


ついにSoftBank版iPhone5のテザリングサービスがスタートされました。サービスが始まるまで、本当に予定通り始まるとは思っていなかったので、あまりに普通に始まり、少々拍子抜けしました。様々なブログを読んでいますと、速い!と大絶賛。ここまで大絶賛なら、相当速いのだろうと思い、早速試したところおかしな事が起きました。

最後までページを読み切らない

遅いとか、速いとか、そういう問題じゃなく、Safariの青いバーがいつまたっても最後まで読み切らず、まったくホームページを見ることができません。自分のiPhone5がおかしいのかと思い、再起動。しかし、再起動しても、特に症状は変わらず。次はテザリングで繋ぐiPad miniを再起動。それでも症状は変わらず。これでは、まったく使い物になりません。

いったいどういう状態なのか調べるために、とりあえずスピードテストをしてみようと、iPad miniでスピードテストアプリを使って調べてみました。ビックリする結果が出ました、下り0という数字に、上りは5Mbpsという速度が出ました。何回やっても下りが0です。上りじゃなくて、下りのスピードがないと意味がないんだよ!と思い、何がおかしいのかズーっと悩んでいました。

その時気付きました。これはもしかして、、、通信速度規制になってしまっているのではないかと。My SoftBankから、直近3日間の通信使用量が調べられます。恐る恐る画面を表示させてみると、やはり1GBを越えていました。3日間で1GB以上を使うと通信規制の対象になるかもしれないという、イマイチ曖昧でよく分からない規制ですが、通信規制の対象になるかもではなく、規制どころか、下りの速度が0なので、まったく使えません!

速度規制になると、上りは速いけど、下りはほぼ0になります

上りのスピードは通常通りですが、下りのスピードが0ではまったく使い物になりません。今まで何も意識せずにiPhone5を使っておりましたが、これからテザリングをバンバン使います。そうなりますと、ますます通信規制の対象になるので、なるだけ節約して使っていく必要があります。思い当たるところといえば、アプリのバージョンアップもLTEや3G回線でバンバンしていいたからではないかと。iPhone5にアプリが300以上入っているため、バージョンアップも1度に10ぐらい表示されたりします。何も考えずにすべてバージョンアップをしていましたが、よく考えてみると、1つのアプリのサイズが10MBぐらいだとしても、10×10で100MBぐらいになってしまいます。こんなことを頻繁にしていては、すぐに3日で1GB以上使ってしまいます。これからは、アプリのバージョンアップは家のWi-Fiですることにします。

SoftBank版iPhone5のテザリングサービスが解禁になり、WiMAXの契約をやめてもいいかなぁと思っていましたが、しばらくは併用していくことになりそうです。みなさん、くれぐれも通信のし過ぎによる、速度規制にはお気をつけ下さい!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly