Spotifyで曲をダウンロードして通信容量を節約する方法

スポンサーリンク

毎日Spotifyで音楽を聞いています。月額980円で音楽が聴き放題のSpotify。Apple Music、Google Play Musicと同じ、定額制音楽配信というサービスです。

Spotifyが他のサービスより優れているのは、圧倒的な数のプレイリスト。数え切れないほどのプレイリストがあるだけではなく、ひとつのプレイリストに登録されている曲数が圧倒的に多いのも、Spotifyの大きな特徴です。

その膨大な曲を聞くには、インターネットで通信をする必要があります。きょくのデータを読み込みにいくことで、無限にある曲を聞くことができます。

通信さえできれば、いつでもどこでも音楽が聞けてしまうため、パケットをどんどん消費します。音質を落とせば通信容量を節約できますが、できることなら、良い音で楽しみたいのが本音です。

20GBの大容量プランができたことで、何も考えずにSpotifyで音楽を聞きまくっていました。いくら大容量の通信プランとはいえ、常に曲データを通信して再生していれば、かなりの容量を使ってしまっていました。

毎月月末になると、残り1GBという案内がSMSでスマホに届きます。どう考えてもSpotifyのせいです。同じ過ちを繰り返さないように、データを消費せずに、音楽を楽しむ方法を実践してみました。

Spotifyのデータ通信料を節約する方法を紹介します。

曲のデータをダウンロードしておく

音楽を読み込みにいくことで、様々な音楽が聞けるサービスですが、予めスマホに曲のデータをダウンロードしておくこともできます。自分のスマートフォンにダウンロードしてしまえば、曲が変わるたびに読み込みにいかなくなります。

データを読み込みにいかない=パケットを消費しない

Wi-Fi環境にいるときに、曲のデータをダウンロードしておきましょう。

ダウンロードの仕方

  • 好きなプレイリストを選択します。

    好きなプレイリストを探す

  • ダウンロードのボタンを押す

これで上から順番にダウンロードしてくれます。

矢印の色が緑色になったらダウンロード完了

ダウンロードが終わった曲は、曲名の下に小さく表示されているアーティスト名の横にある、下向きの矢印が緑色に変わります。プレイリストの曲数が多いので、気長に待ってください。

ダウンロードした曲を再生する方法

  • 右下のMy Musicをタッチする

    右下のMy Musicをタッチする

  • 一番上のプレイリストをタッチする

  • 表示されているプレイリストから、下向き矢印が緑色のプレイリストをタッチする

    矢印が緑色になっているものを再生

  • 曲を再生する

    曲を再生する

シャッフルプレイでもいいですし、自分の好きな曲を選択して再生してください。端末に曲のデータがダウンロードされているので、すぐに曲を楽しむことができます。

プレイリストをひとつダウンロードしておくと便利

Spotifyのプレイリストに収録されている曲数は、かなり多いのが特徴です。ひとつのプレイリストをダウンロードしておけば、通信環境が悪いところに長時間いても、ダウンロードしてある曲を再生して楽しむことができます。もう電波の入りが悪いところで、大好きな曲を聞くのを我慢する必要はありません。データ通信量も減らせますので、スマートフォンの空き容量を確認しながら、できるだけたくさんの曲をダウンロードしておきましょう。

Bluetoothのイヤホンがあると、Spotifyをより楽しむことができます。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly