年末年始はパソコンの大掃除を!1年に1回のクリーンインストールが最強だと分かりました。

スポンサーリンク

もうすぐ2012年も終わります。この週末は大掃除をしていた方も多いと思いますが、パソコンの大掃除はしましたか?ここでいう大掃除とは、ディスプレイやキーボードやマウスを綺麗に拭くことではありません。パソコンのOSを再度インストールし直して、再度パソコンを購入したときの状態に戻すことです。

一昔前は、クリーンインストールをすると、再度ソフトを全部入れ直す必要があるため、かなり大変な作業でした。しかし現在は、かなり楽になりました。その理由の一つがクラウドサービスが多いため、インターネットに繋げれば、元の環境に戻しやすいということです。

僕はMacを使っていますので、Windowsユーザーの方は少し違うかもしれませんが、現在はMacのソフトウェアの多くが、Mac App Storeからの購入です。iPhoneやiPadと同じように、一度購入したソフトは、簡単に再ダウンロードができます。このサービスのおかげで、OSを再インストールしても、どんどんネットからソフトをインストールしていけます。Mac App Store経由じゃないソフトだけ、インターネットで再度拾ってくるか、CDやDVD等で再インストールするだけです。これは本当に助かります。思ったより、再インストールしてからの復旧の作業時間が短かったです。

他にクリーンインストールをする時に心配な点は、クリーンインストール前のデータがどうなるかという点です。MacですとTime Machineという機能があり、常にバックアップを取っておけるので、簡単に元に戻せます。このTime Machineを使い、OSをクリーンインストールした際に、前の環境にそのまま戻すこともできますが、今回は止めました。6年ほど前からMacを使い、ずーっとTime Machineで前の環境を引き継いでいましたが、今回クリーンインストールしてから、データを元の位置に戻すという作業をしました。やる前は結構大変かなぁと思いましたが、これも簡単でした。改めてMacの素晴らしさを感じました。

元に戻すデータは、音楽、写真、動画、書類データぐらいだと思います。Macですと、iTunesとGarageBandとiPhotoとiMovieぐらいのデータかと思います。OSをクリーンインストールしても、これらのデータを外付けのハードディスクから、元に戻すだけです。やってみるとかなり簡単です。この辺りのことは、Mac専門誌のMac Fanに詳しく書いてありますので、読んでみて下さい。

クリーンインストールをした結果、内蔵ハードディスクの容量が150GBほど空き容量が増えました。思っていた以上にゴミファイル等、不要なファイルがたまっていたようです。起動も速くなりましたし、動作も相当軽快になりました。新型iMacが気になっていましたが、この調子の良さですと、しばらくはこのiMacでもまったく問題はなさそうです。

Macユーザーの方も、Windowsユーザーの方も、1年に1度クリーンインストールして、常にフレッシュで快適な環境でパソコンを使い、仕事や趣味に大活躍させましょう。それでは、よいお年を!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly