シャープって名前が出ると、とっても心配です。

スポンサーリンク

早くも時期iPhoneこと、iPhone6の話題が出てきました。

シャープ、早ければ6月から「iPhone 6」用液晶パネルを量産開始か | 気になる、記になる…
本当に生産するのだろうか。

iPhone5sが出た頃から、すでに次のiPhoneは液晶が大型化すると言われていましたが、ここまで具体的な報道が出てくると、液晶の大型化は確定でしょう。しかし、ひとつ心配なのは、iPhone6の液晶を生産する会社にシャープが入っていることです。

次期iPhoneは4.7インチと5.5インチの2サイズ構成になり、今年9月に発売か ー 日本経済新聞 | 気になる、記になる…
シャープ、ジャパンディスプレイ、LGの3社。

ジャパンディスプレイ、LGの2社は、これまでの供給実績から、iPhone6でも問題なく液晶を供給するでしょう。しかし、シャープだけは不安で仕方がありません。たしかiPhone5ぐらいからシャープがiPhoneの液晶を供給する噂が出ていましたが(噂じゃなくて実際に供給した?)、そのシャープが色々ゴタゴタしてしまい、あまり液晶を供給できていないようでした。

そんなシャープが、iPhone6の液晶を供給できるのか。次のiPhoneは、液晶が大型化されるだけではなく、さらに高精細の液晶ディスプレイになると言われています。より技術的に高いレベルの液晶を作らないといけません。しっかりとAppleが納得する液晶を提供できるのか。ジャパンディスプレイと、LGは、今までの実績からしっかりと仕上げてくるでしょう。問題はシャープです。しっかりと液晶を供給してくれないと、iPhone6の出荷台数が少なくなり、発売当初は入手困難になってしまいます。そうならないためにも、シャープにはしっかりとした商品供給をお願いしたいところです。

ジャパンディスプレイ、モバイル向け5.5型WQHD液晶モジュールの出荷を開始 | マイナビニュース
この技術がiPhone6に?

iPhone6は、ジャパンディスプレイが発表した液晶のレベルになるでしょう。サイズも解像度も、噂されているiPhone6にかなり近いように思います。液晶が大型化して、より高精細になるiPhoneが、どんな未来を見せてくれるのか。今から期待して待ちたいと思います。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。