ついに神ったiPad Pro。iOS11の使い方を解説

スポンサーリンク

ようやくこの時がやってきました。iOS11の正式リリースです。毎年OSのバージョンアップが行われていますが、今年のバージョンアップは史上最大のアップデートです。

ようやくiPadがiPhoneとは違う道を歩き始めたからです。

iOS10になってから、大きい画面を活かして2つのアプリを同時に使えるようになりましたが、iOS11はさらに進化しました。右のアプリに表示されている写真や文章を、左のアプリにドラッグ&ドロップでコピーすることができるようになったのです(逆も可能)。ただ2つのアプリを表示させるだけではなく、2つのアプリを活かした作業ができるようになったことで、ようやく画面が大きいiPhoneから脱却することができるでしょう。

ドラッグ&ドロップができるようになったことで、ノートPCのような生産性の高い端末になります。ノートPCの代わりにはならないと言われ続けたiPadですが、そんなことも言われなくなるでしょう。iOS11とiPad Proを使っていますが、ノートPC以上の端末になる可能性も感じます。

パソコンは苦手という方も、iPadなら使えるかもしれません。iPad ProとiOS11の組み合わせが、コンピュータの裾野を広げるでしょう。

これまでiPadを使っていた人は戸惑う

iOS11になってからiPadを使うと、色々と戸惑うでしょう。パッと見は同じようなiPadの画面ですが、実際に使ってみると、今まで出来たことがうまくできません。今まで出来いていたことができなくなったのではなく、操作が変わりました。ガラッと操作が変わったことで、iPadは新しい方向へ向かいます。新しい操作をしっかりマスターすれば、今まで以上にiPadが便利になります。

iOS11にバージョンアップして戸惑っている人のために、iOS11でのiPad Proの使い方を説明します。

Split View

最初に戸惑うのがSplit Viewです。iOS10と同じ操作で、画面右端からスワイプしても、Split Viewの画面になりません。根本的にSplit Viewにする操作方法が変わりました。右端からスワイプするのではなく、画面最下部から上にスワイプして、Dockを表示させなければいけません。

Dockを表示させたら、Dockに表示されているアプリのアイコンを長押しし、アイコンを画面の右端までドラッグすると、Split Viewの画面に変わります。

1対1の比率

2対1の比率

1対2の比率

Split Viewの比率を変えたいときは、従来通りアプリが表示されている境目をドラッグして幅を変えることができます。これまでは左3分の1、右3分の2の比率にすることはできませんでしたが、iOS11になってからは自由に幅を変えられるようになりました。

自分に合ったアプリの画面サイズを見つけて使いこなしてください。

Split ViewプラスSlide Over

Proが付いているiPadは、Split Viewの上に、Slide Overでもうひとつアプリを表示させることができます。これで3つのアプリを同時に使うことができます。

Split Viewの状態で、画面下から上にスワイプしてDockを表示させてください。Dockに表示されたアプリから使いたいアプリを長押しして上にドラッグします。そのまま画面中央までドラッグして、Split Viewの境目が表示されている辺りで指を離してください。ドラッグして指を離したアプリが、Split Viewで表示されます。

左にテキストエディタ、右にChrome、さらにTwitter

左にテキストエディタ、右にSafariやChromeなどでWebページを表示、Slide OverでTwitterを表示といった使い方ができます。

Slide Overのアプリを左に配置

Slide Overで表示させているアプリは、右から左に移動して、画面が被っていて見にくい部分を見ることができます。そのまま左に置いておくこともできますし、また右に戻すこともできます。

邪魔だなと思ったら、右にスライドさせて隠せます。Slide Overのアプリを動かす指の判定がシビアなので、何度か操作して慣れてください。

Split Viewに対応していないアプリは、Split Viewにならないので、3つ同時に使うことはできません(
Slide Overだけに対応していれば、Split Viewで表示させて、他のアプリをSlide Overで表示させることで、3つ同時に使うことは可能)

Split ViewプラスSlide Overプラスピクチャ・イン・ピクチャ

3つのアプリを使いながら動画が見れる

3つのアプリプラス、ピクチャ・イン・ピクチャで動画を見ることができます。画面がほとんど隠れてしまうので、なかなか使いにくい機能ですが、ピクチャ・イン・ピクチャで見ている動画のウインドウは、画面外に隠すことができます。

右下に動画のウインドウが隠れている

左側に隠すことも可能

画面外に隠しても、動画の再生は続いています。動画の再生は止まりません。動画の音声だけ聞くことができるので、ピクチャ・イン・ピクチャを画面外に出して、うまくアプリを使いこなしてください。

パソコンは自由にアプリを同時に使うことができますが、細かくウインドウの大きさや位置を調節しなければいけません。iPad Proならパソコンのような難しい操作をすることなく、複数のアプリを同時に使うことができます。

ちょっと複雑なことを、簡単にできるのがiPadの良いところです。

Dock、Split View、ドラッグ&ドロップ

Dock、Split View、ドラッグ&ドロップ。これが新しいiPadの肝です。この操作を使いこなすことができるようになると、今までのiPadとは違う世界が見えてきます。

勿論従来のiPadレベルの使い方もできますが、大幅に進化したiOS11の恩恵を存分に享受し、新しいコンピュータの使い方をしていきましょう。

iOS11の機能をフルに活かすには、最新のiPad Proが必要です。適度なサイズで可搬性に優れた10.5 インチのiPad Proがおススメです。

このケースにApple PencilとSmartKeyboardを装着し、常に使える体制にして手で持って歩いています。10.5インチのiPad Pro最高ですよ!

Apple iOS11機能解説ページ:iPad でマルチタスク機能を使う

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly