Apple Watchの便利な使い方〜文字盤を切り替える

スポンサーリンク

Apple Watch使っていますか?そもそもApple Watchなんて持っていないかもしれませんね。凄く便利ではないけど、あると便利なApple Watch。とくにSeries2のApple Watchは、Suicaを使うことができるので、とても重宝しています。

腕に付いている時計だけで改札を通過できます。サッと通過するには、少々コツが要りますが、、、

そんなApple Watchですが、いろんな文字盤があります。ただ時間を表示するだけの文字盤ではなく、各種アプリの情報を表示することができます。しかし、文字盤によって表示できる情報数が決まっています。

1画面で完結することができないかと悩んでいましたが、良い方法を見つけました。

モジュラーという文字盤

モジュラーという表示だと、最大5つのアプリ情報を表示できます。中央のエリアが一番広いため、ここに表示させるのと、下の3つのアイコンのところに表示させるのでは、情報の表示され方が違います。全部中央の表示にできないことに不満を持っていましたが、同じ文字盤を3つ使って、Apple Watchのガラス面を左右にスライドさせて、文字盤を切り替えて使えばいいことに気付きました。

このように同じ文字盤を色で分けて、使い分けています。文字盤をスライドして変更できるおかげで、こういった使い方をすることができます。時計というデバイスのため、あれもこれもすることはできませんが、文字盤を使い分けて快適な生活をしてください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク


軽くて安いノートPCあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。