iPadの便利な使い方〜スターバックスで支払いができる

スポンサーリンク

常にiPad Proを手に持っていると、行動が変わってきます。どんな状況でもあらゆることに対応できるからです。万能なiPad Pro 10.5インチモデルがあれば、いつでも仕事をこなすことができます。

iPhone用のアプリしかない場合は、代替えアプリで対処しますが、代替えできないアプリもあります。決済系の機能を持ったアプリです。

スターバックスのアプリは、アプリ内でバーコードを表示させることで、会計を済ませます。とても便利な機能ですが、iPad向けのアプリはありません。

iPhoneのアプリはiPadでも使える

基本的にiPadでiPhoneのアプリが動くので、iPhone用のスターバックスアプリをiPadに入れることで、iPadで支払ができます。

バーコードスキャンで読み取るので、画面が大きいiPadでも、しっかりと会計ができます。

4インチのiPhone5sを提示する時より、10.5インチのiPad Proの方がすぐにスキャンされます。画面が大きいので読み取りやすいのでしょう。

読み取りが早いことより嬉しいのは、スターバックスの店員さんが、「おっきいですね!」って喜んでくれることかもしれません。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。