iPhoneの便利な使い方〜パソコン用のWebページを表示

スポンサーリンク

iPhoneでWebページを見ていると、スマートフォン向けの画面になることがほとんどです。小さいスマートフォンの画面でも見やすいように、画面が変わるようになっているからです。

有難い機能ですが、パソコンで見たときと同じ画面を見たいときがあります。そういったときは、ページ読み込みの丸い矢印アイコン長押ししてください。iPhoneの小さい画面でも、パソコン向けのWebページが表示されます。

画面が小さいので、拡大したり縮小したりして見ないといけませんが、パソコン用のページを見たいときは、今回紹介した方法を使ってください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。