iPhoneの便利な使い方〜省電力モードにする

スポンサーリンク

やばい!iPhoneのバッテリーがほとんどない。そんな時ありますよね。モバイルバッテリーを持っていないと、iPhoneのバッテリーが切れないか心配になります。

バッテリーがないだけで、あれほど不安になるのは何故でしょうか。

それだけスマートフォンが大事なのでしょう。バッテリーが切れてしまうと、周囲との連絡を取る手段がシャットダウンされます。電話、メールだけではなく、SNSも使えなくなるため、完全に孤立してしまいます。だから不安になってしまうのでしょう。

バッテリーが切れそうなときは、「省電力モード」を使いましょう。

バッテリーの色が黄色に変わります

省電力モードを使うと、バッテリー表示が黄色になります。80%以上バッテリーが充電されると、自動的に省電力モードが解除されます。

低電力モードになったiPhoneは、メールを取得しにいかなかくなるなど、色々と不都合はありますが、うまく省電力モードを使ってバッテリー切れのピンチを乗り切ってください。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。