iPhoneの便利な使い方〜Webページを保存する

スポンサーリンク

インターネット上には、たくさん参考になる記事があります。その都度Webページにアクセスして参照するのもいいのですが、見ているページをPDFにして丸々保存したり、プリントする機能があります。

PDFファイルにしてiPhone内にデータとして保存しておけば、インターネット通信ができない場所でも、そのページを見ることができます。

本来なら通信して読み込まないといけませんが、そのページにある写真や文章が、1枚のページとして、丸々iPhone内にあるので、通信する必要はありません。

通信ができないケースは少ないかもしれませんが、もしものときのために、データとして保存
しておきましょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。