iPhoneの便利な使い方〜Webページを保存する

スポンサーリンク

インターネット上には、たくさん参考になる記事があります。その都度Webページにアクセスして参照するのもいいのですが、見ているページをPDFにして丸々保存したり、プリントする機能があります。

PDFファイルにしてiPhone内にデータとして保存しておけば、インターネット通信ができない場所でも、そのページを見ることができます。

本来なら通信して読み込まないといけませんが、そのページにある写真や文章が、1枚のページとして、丸々iPhone内にあるので、通信する必要はありません。

通信ができないケースは少ないかもしれませんが、もしものときのために、データとして保存
しておきましょう。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。