iPhoneの便利な使い方~Apple Pencilを充電する

スポンサーリンク

iPad Proの特徴は、Apple Pencilが使えることです。より高額な端末のMacBookでもできないことが、iPad ProとApple Pencilがあればできます。滑らかな書き心地が特徴ですが、ひとつだけ欠点があります。

充電が必要

充電できる容量が少ないので、使おうと思ったときには、ほとんどバッテリーがありません。その都度、iPad ProのLightning端子に差して充電していましたが、iPhoneに差してみたら充電することができました。

Smart Keyboardを使っているときに差すと、横にビヨンとApple Pencilが飛び出してしまいます。コンパクトなiPhoneなら、Apple Pencilを充電しても邪魔になりません。

iPad Proで文章を作っているときに、サッとiPhoneで充電してましょう。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。