iOS16から追加された新機能を使ってひらめきました。

Surface GoとiPhoneを組み合わせた、新しい文章作成術

手書きノートアプリなどで、手書きの文字をテキストに変換してくれるアプリを探していましたが、良いWindowsアプリが見つかりません。色々試行錯誤しているうちに気づきました。

Surface GOに手書きで書いた文字を、iPhoneでスキャンしてテキストエディタに取り込めばいい。

無理してWindows内で完結しようとするから難しくなります。ずっと手元にiPhoneがあるのだから、それを使えばいいのです。

iOS16のテキストの文字起こし機能とは

iOS15から搭載されていた機能が、テキストの文字起こし機能です。写真の中にある文字を、テキストとして認識するので、それをコピーして他のアプリに貼り付けることができます。

この便利な機能は、iOS15では日本語には対応していませんでした。iPhoneにテキスト認識機能が搭載されて1年経った今、iOS16になって日本語も使えるようになりました。

使ってみると分かりますが、思った以上に精度が高くて、ビックリします。さらに認識スピードも早いので、これを使わない手はありません。

テキストの文字起こし機能使い方

使い方は簡単。iPhoneで写真を撮るだけです。文字が書いてあれば大丈夫です。撮影した後、写真アプリから目的の写真を立ち上げて拡大したら、写真に写っている文字をタッチしてください。青くなってテキストとして認識するかと思います。あとはコピーを選択して、使いたいアプリに貼り付けるだけです。

レシートなんかは、かなり正確に認識してくれますよ。

テキストをスキャン機能とは

テキストエディタなどで、空白の部分を長押しすると、

右から二つ目の四角いアイコン
右から二つ目の四角いアイコン

四角いアイコンがあります。それをタッチするとカメラが立ち上がります。そのまま文字にカメラを向けると、瞬時に文字をテキストにしてくれます。特にボタンを押すことなく、カメラに入った文字がサーっとテキストになっていきます。中々賢い機能で、そのままカメラを下に動かしていくと、下にずらずらと書いてある文字も入力します。ちゃんとカメラがどこまで読み取ったか覚えているので、同じ文章がダブって取り込まれるようなこともありません。

カシャーってカメラのシャッターを切らなくても文字がサーっと入っていくスムーズさとスピーディーさは、iPhoneにしかない快適さです。

もう紙でいいんじゃないか


頑張ってSurtere Gro 3で手書き文字を書きながら思いました。無理してタブレットを使う必要はないんじゃないかと。普通に紙とペンを使って手書きをするだけでいいのではないかと。

コンパクといっても、Surface Go 3は500gちょっとの重さがあります。ペットボトル1個分です。結構な重さですし、ただ手書きをするだけなら紙のほうが優秀です。

コンピューターらしい機能を使うために、無理してSurface Go 3で手書きの文字を書いていましたが、Windowsにあるノートアプリの出来がどれも良くありません。手書きの文字が、ただアプリ内にあるだけです。

特段コンピューターに手書きの文字を書く必要性もないので、紙とボールペンで手書きの文字を書けばいいでしょう。

必要な道具

Surface Go の場合

  • iPhone
  • Sur-face Go 3 (1でも2でも可)
  • Surface Pen
  • Windowsの手書きノートアプリ(出来が悪いものばかり)
  • iPhoneのテキストエディタ(Simplenoteがオススメ)

紙とボールペンの場合

  • iPhone
  • ボールペン
  • iPhone のテキストエディタ

が必要になります。こうやって書くと、断然、紙とペンの方が良いと思います。文字の認識率も、紙とペンのほうが明らかに良いです。素直に紙とペンに戻ったほうが、しあわせになれそうです。

紙とペンなら、誰でも文字が書けますし。

iPhoneでスキャンした結果

ここから下は、iPhoneでテキストをスキャンした結果です。実際に手書きで書いた文字を写真として書き出しました。それと比較して、文字の読み取り精度を確認してください。

Microsoft Whiteboardで書いた手書きの文字

Microsoft Whiteboardで書いた手書きの文字
Microsoft Whiteboardで書いた手書きの文字

10S16から追加された新機能を使ってひらめきました。
Surface
Go
っとiPhoneを組み合わせた新しい文章作が述を思いつきました。

井井 テキストの文字起こし機能
iDS16から日本語に対応した
文字起こし機能。思った以上に精度が高くて、
ビックリします。

Neboで書いた手書きの文字

Windows版Neboで書いた手書きの文字
Windows版Neboで書いた手書きの文字


レシートなんかは、ほば正確です。
結をの文字も中々良い感し。
なにより、読み取りのスピードが速い。タイムラグなしで、サッと読み取ってくれます。
コンピュータで文字を打つのが若手な方も、ノートに手書きの文字を書いて、手書きの文字を写真で撮れば、写真アプリから文字を読み取りたい写真を選択し、写真の中の文字をタッチして選択して、コピーします。コピーした後は使いたいアプリに貼り付けてください。

井井 iPhoneのテキストをスキャン
撮影した写真の文を読み取って、アプリに貼り何けている時に気付きました。
※写真
右に四角いアイコンがあるのが目に行きました。
これって.…、たしか、iPhoneのカメラカエターがここから文字をスキャンしてテキストにできるので色んなものをスキャンしていて、さらにひらめきました。
井手きレートアプリの文字を取りこめばいい

どうやってもWnadowsではうまくいかないので手君さでテキストにするのは諦めたのですが、心のどこかで、何か良い方法がないか配て
いました。
Paoeの文字起こし機能を使えばいいんだ/iPhmeテキストエディタを使っているときに、テキストをスキャンを使って、手士の文を読み込めばいいんだ!
文字なら何でも読み込れことができる
iPhoneを使って、ロクな子書きアーツがない
Witonsでそれなりにマトモに書ける
ノートアプリに掲さの文字と思いて、iPhmeで読みこめ
ばいい。

Microsoft ジャーナルで書いた手書きの文字

Microsoft ジャーナルで書いた手書きの文字
Microsoft ジャーナルで書いた手書きの文字

#もう手書きでいいんじゃないか
頑張ってSurtere Gro 3で手書きの文字を書いていて思いました。
無理して、タブレットを使う必要はないんじゃないかと。普通に
紙とペンで手書きをすればいいんじゃないかと。
コンパクといっても、500gちょっとのさ。
ペットボトル1個分です。
結構な重さですし、結立をするだけなら紙のほうが優秀です。
Sunfoce Go3がないと困るということも、ほんどありません。
紙とペンで手書きをして Woreで写真を撮って文字を取り込む。
これなら誰でもできるてしう。

紙とボールペンで書いた文字

紙とボールペンで書いた文字
紙とボールペンで書いた文字

必要な道具
Surface
iPhone (iOS16のテキスト認識に対応した機種)
Sur-face Go 3 (1でも2でもす)
Surface Pen
Windowsの手書きノートアプリ(出来が悪いものばかり)
iphoneのテキストエディタ(Sioplenoteがオススメ)
紙で手書さをする場合は
iPhone

ボールペン
iPhone のテキストエディタ
が必要になります。こうやって書くと、断然、紙とペンの方が良いと思います。

iPhoneと紙とペンで誰でもブログやビジネス文章作成できる

長い文章を、iPhoneだけで書くのはしんどい作業です。あまり画面が大きくないiPhoneでソフトウェアキーボードを使って文字を入力していくのは、首や腕への負担があります。1時間もiPhoneで文章を書いていると、かなり疲れます。

この作業を、紙とペンで手書きの文字を書いたらどうでしょうか。 コンピューターで文字を打つのとは違って、思ったことがそのまま文字にできます。タイピングをすると、基本的にはローマ字入力になります。頭の中でアルファベットを日本語に変換しながらタイピングします。これが結構脳への負担になり疲れます。大事なのは文章の中身なのに、コンピュータで文字を打つほうに力を使って疲れます。

手書きの文字なら、そのまま紙に書くだけです。手書きで書いた文字が簡単にコンピュータのテキストになるのなら、その便利な機能を使いましょう。

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です