画面の解像度って分かりますか?僕らが見ているiPhone・スマートフォンやMacBook・パソコンの画面は、細かい点の集まりで出来ています。

昔のゲーム機の画像の細かさ
昔のゲーム機の画像の細かさ

昔のコンピュータは性能が高くなかったため、画像を処理する能力が乏しいため、320×240ぐらいの解像度でした。76,800個の点の集まりで、マリオなどのゲームが作られていました。

今のゲーム機の画面の細かさ
今のゲーム機の画面の細かさ

現在のコンピュータは、処理能力が大幅に向上しています。1920×1080という解像度があたり前です。2,073,600という点の集まりで出来ています。27倍も画面が細かくなっています。

処理能力はどんどん向上しており、4Kと呼ばれるディスプレイも普及しています。3840×2160という解像度です。横の画素数が横の画素数が約4000であることから、4Kと呼ばれています。

これだけ画面に表示できる点が細かくなっていくと、その細かさを持て余します。それほど大きくない画面に、一つの点に一つの点を表示すると、画面の文字が小さくなって読みづらくなります。

同じ画面を解像度を変えて表示しています。

文字が読みづらくなりますが、表示面積が広くなります。目に入る情報が多くなるので、画面が広いほうが便利な時もあります。

MacBookシリーズでも1ドットに1ドット(ドットバイドット)表示できるように

MacBookはRetinaディスプレイという方式を採用しています。1つのドットを4ドットや9ドットで表示する仕組みです。一つの点を、ディスプレイの複数のの点を使って一つの点にすることで、ギザギザじゃない綺麗な映像を作ります。

ディスプレイの点が分からないので、とても綺麗な文字を表示させることができます。とても素晴らしい機能ですが、一つ弱点があります。画面表示が狭くなります。

この2つの画像を見比べると一目瞭然です。WordPressの編集画面でいっぱいだった画面が、デスクトップに置いてあるフォルダーやファイルまで表示しています。これは明らかに情報量が違います。

これまでのMacBook Airは(M1)、1680×1050の解像度をレティーナ化して表示していました。MacBook Airのディスプレイ解像度は2,560 x 1,600ピクセルですが、実際に表示される解像度は、最大1,680 x 1,050。もっと細かく画面を表示することができるのに、OSの仕様上表示することができませんでした。

それが、いつの間にか2,560 x 1,600ピクセルで表示できるようになっています。これは地味に凄いアップデートです。

細かすぎて文字が読みにくいかもしれませんが、使いようによっては実用的な機能です。

より細かい解像度を選択する方法

これまでのMacBook Airは、1680×1050以上の解像度を表示することができませんでした。実際のディスプレイの解像度は2,560 x 1,600ピクセルです。本来の解像度の65%程度の表示面積でしたが、これからは違います。

  1. 設定アプリをクリック
  2. ディスプレイをクリック
  3. すべての解像度を表示
2,560 x 1,600ピクセルが選択可能に
2,560 x 1,600ピクセルが選択可能に

選択できる解像度が増えました。

MacのOSは、13.3以上にしてください。13.2だと高解像度の選択はできません。

より細かい解像度で作業効率をアップ

表示面積が狭いMacBook Airでは、あまり使い道がなかったSplit View。左と右にアプリを並べる機能ですが、2,560 x 1,600ピクセルにすると、実用的で使える機能になります。

解像度を常に変更できるようにしておいて、使うアプリによって解像度を選択しています。

仕事の効率化を図りたい方は、macOS 13.3以降にしましょう。OSの名称的にはVeturaになりますが、Venturaにアップデートしても、バージョンが13.2以下だと高解像度を選択できません。macOS 13.3以降にしてください。

Follow me!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

MacBook Airの画面解像度を細かくする(macOS 13.3以降)” に対して1件のコメントがあります。

  1. どん より:

    4Kの意味、間違ってますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です