使い方

音声入力比較。OSごとの違い(2022年夏)

スポンサー

アイキャッチ音声入力2022年夏

音声入力で文字を打つことができます。随分と前から使える機能ですが、意外と使われていない機能です。使ってみると便利な機能ですが、意外と使われていません。使われていないということは、何か理由があるはずです。

音声入力といっても、OSによって機能や認識精度が違います。使い勝手がOSによって違うので、何が出来るのかがわかりにくい部分もあります。OSによる音声入力の違いをまとめました。

音声入力比較表

使う機械によって音声入力の機能が微妙に違いますので、OSごとの違いを表にしました。

機能iPhoneAndroidChromebookWindows11Mac
音声認識の精度★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆
句読点の自動入力××××
句読点を音声で入力
音声で改行
音声入力中に手動で修正×××××
スピーカーの音声から文字入力××××
音声入力比較表

比較してみると、機能的な差はほとんどありません。音声の認識精度はどのOSでも高いレベルで認識してくれます。発した言葉の認識に関しては、ほとんど不満のないレベルまで来ています。

違いがあるのは、句読点を自動で入力するかしないかです。現在、句読点を自動で入力してくれるのは、Windows11のみです。AndroidはPixelシリーズのボイスレコーダーと、Pixel6シリーズでは可能です。iPhoneは次のメジャーアップデート、iOS16で出来るようになります。次のiPhoneが発売される9月ごろに登場するでしょう。

PS:AndroidはPixel6以降のPixelでは、句読点の自動入力機能と、スピーカーから発する音声を認識して文字を入力してくれます。

iPhoneとMacの音声入力がトップになる

iOS16になると、iPhoneの音声入力機能が一番優れた機能になります。句読点の自動入力機能ができるようになる上に、音声入力中の間違えて入力されてしまったテキストを、音声入力中に手動で修正できるようになるからです。

この2つの機能が追加されることで、iPhoneとMacの音声入力機能は一番使いやすくて実用的になります。とくに句読点が自動で入力されるようになることで、音声入力が一般化する可能性を秘めています。

音声入力中にソフトウェアキーボードを使って文字を修正できるようになることで、実用性がグッと上がります。実用性が上がって、さらに句読点が自動で入力されるようになることで、音声入力の手間が減ります。

2022年秋にiOSとMac OSがアップデートされることで、音声入力が注目を集めるでしょう。

Windows10で音声入力をする方法

WindowsはWindows11でしか音声入力ができません。多くの人が使っているWindows10では、音声入力ができません。Windows10でも音声入力がしたい場合は、裏技を使わないといけません。

Googleドキュメントを使いましょう。GoogleドキュメントはGoogleのサーバー上、クラウドで処理しているため、Googleドキュメントのページに行って新規書類を作成して、音声入力を実行します。

  • 画面左上のプラスをクリックして新規書類を作成
  • ツールをクリック
  • 音声入力をクリック
  • 表示されたマイクボタンをクリック
  • マイクを許可するが表示されたら許可をクリック
  • 喋って音声入力をする

これでGoogleドキュメントで音声入力ができます。音声で入力された文章をコピーして、他のアプリケーションに文字を貼り付けましょう。

2022年夏以降の音声入力比較表

iOS16とmacOS Venturaが登場する2022年10月頃には、音声入力の世界図が変わります。

機能iPhoneAndroidChromebookWindows11Mac
音声認識の精度★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆★★★★☆
句読点の自動入力××
句読点を音声で入力
音声で改行
音声入力中に手動で修正××××
スピーカーの音声から文字入力×××
音声入力比較表

一気にAppleのiPhone、iPad、macOSがトップに躍り出ます。利用者が多いiPhoneの音声入力が改善されて使いやすくなることで、利用者が一気に増えるのではないでしょうか。

少しずつ便利になって、いつの間にか一般化する。スマートフォンやタブレットもそうでした。フリック入力もそうです。音声入力も少しづつ進化していき、あるときドカーンと一気に風向きが変わる時が来るでしょう。

次のステップは文字入力システムの変化。誰でもコンピュータで文字を入力できるようになることで、世界が広がっていくでしょう。

各社拮抗している音声入力ですが、2022年7月現在ではWindows11が一番。2022年10月ごろからiPhone、iPad、Macが一番。

こんな感じになっていくでしょう。

Googleが作っているOS、AndroidとChromebookは、シレッと改善されていることが多いので、そう遠くないうちに、Appleと同等のことができるようになるかもしれません。

Googleの音声入力については、上記記事から。

 

今買いたいガジェット

今買いたいガジェットをランキング形式で紹介します。

iPhone 13 Pro

AppleといったらiPhone。2021年9月に発売されたiPhone 13 Proが、現在一番お勧めのiPhoneです。小さすぎない大きすぎない絶妙なサイズ。投げ売りされてしまうノーマルiPhoneではないProモデル。これからはProのついたiPhoneがリセールバリューも高くてベストな選択です。

Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

タブレットといったらiPadを思い浮かべますが、用途を考えるとAmazonのFireタブレット。何かを見るだけなら、iPadはオーバースペックです。iPad miniを買うぐらいなら、まずはFire HD 8 タブレットを購入して、それで満足できるか確かめましょう。Fireでは使いものにならなかったら、iPadの購入を検討しましょう。

-使い方
-, ,