Runkeeperがバージョンアップし、Apple Watch Series2だけでランニングが可能に

スポンサーリンク

ようやくApple Watch Series2だけで走ることができるようになりました。

Runkeeperがバージョンアップして、iPhoneがなくてもGPSで走ったルートを記録してくれるようになりました。Apple Watch Series2は、Apple Watch自体にGPSが搭載されており、iPhoneがなくてもルートの記録可能することができます。ただ、できるようになってはいるのですが、アプリが対応していないと、Apple Watch Series2のGPSを使うことができません。そのために、iPhoneがないと走ったルートが記録されませんでした。ルートを記録できるのは、最初からプリインストールされているアクティビティというアプリしかありませんでしたが、世界で一番利用者の多いRunkeeperが対応しました。

もうiPhoneがなくても、Apple Watch Series2だけがあれば、走った記録をバッチリと残すことができます。Apple Watch Series2が発売する時に夢見た世界が、ようやくやってきます。

Bluetoothイヤホンで音楽を聴きながら、GPSで走った記録を取り、ランニング後はコンビニでSuicaを使ってドリンクを購入。ウェアラブルデバイスならではの体験が、ついにできる時がやってきました。Runkeeperを使っている方は、Apple Watch Series2を手に入れましょう!

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    YUYA

    IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。