Runkeeperがバージョンアップし、Apple Watch Series2だけでランニングが可能に

スポンサーリンク

ようやくApple Watch Series2だけで走ることができるようになりました。

Runkeeperがバージョンアップして、iPhoneがなくてもGPSで走ったルートを記録してくれるようになりました。Apple Watch Series2は、Apple Watch自体にGPSが搭載されており、iPhoneがなくてもルートの記録可能することができます。ただ、できるようになってはいるのですが、アプリが対応していないと、Apple Watch Series2のGPSを使うことができません。そのために、iPhoneがないと走ったルートが記録されませんでした。ルートを記録できるのは、最初からプリインストールされているアクティビティというアプリしかありませんでしたが、世界で一番利用者の多いRunkeeperが対応しました。

もうiPhoneがなくても、Apple Watch Series2だけがあれば、走った記録をバッチリと残すことができます。Apple Watch Series2が発売する時に夢見た世界が、ようやくやってきます。

Bluetoothイヤホンで音楽を聴きながら、GPSで走った記録を取り、ランニング後はコンビニでSuicaを使ってドリンクを購入。ウェアラブルデバイスならではの体験が、ついにできる時がやってきました。Runkeeperを使っている方は、Apple Watch Series2を手に入れましょう!

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    おーの ゆーや

    サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。