ティザー広告の使い方を間違っているとしか、、、Microsoftのやることがすべて裏目になっているような。

スポンサーリンク

いよいよSurface Proが発売のようです。

日本マイクロソフト、またもや発売前にティザー広告! ~Surface Proがいよいよ国内発売か? – PC Watch
注目している人はいるのだろうか?

東京・渋谷QFRONTの壁面に、Surfaceの広告が掲示されたようです。Pで終わっているところからも、Surface Proではないかと予想できます。

Proを出したも変わらないような、、、

 Surface Proは、Windows 8 Proを搭載したMicrosoftブランドのタブレット。これまで国内で発売していたSurface RTが、ARM版のWindows RTを搭載し、Windowsストアから提供されるアプリだけの動作に限定しているのとは異なり、旧来のWindowsアプリケーションを動作させたり、アクティブディレクトリに対応するといった特徴を持つ。

 個人のWindowsユーザーに加え、企業ユーザーにとっても、本命とも言えるマイクロソフトブランドのタブレットがいよいよ登場することになるといえよう。

(
(インプレス ウォッチから引用)

本命とも言えるMicrosoftブランドのタブレットが登場というところが引っかかります。何故、最初から本命を出さないのか。特に日本はビジネスユーザーの、Officeの利用率は相当高いはずです。Surface RT用のOfficeがリリースされているため、Surface RTでもOfficeが使えますが、その他のビジネスソフトの事を考えると、最初からSurface  Proを出した方が良かったと思います。

本国米国での発売から遅れること約半年あまり。Surface Proの発売で、Microsoftのタブレットも売れてほしいところですが、正直厳しいように思います。ここまでiPadとアンドロイドタブレットが売れている状況での参入。あと半年早ければ、状況は変わっていたかもしれません。

あとTeaser広告をやる意味がよく分からない。ほとんどの人が注目していないからこそ、Teaser広告をやるのかもしれませんが、今の中途半端な状況だと、かえって混乱を招くだけのような気がします。

 Microsoftの戦略が吉と出るか京とでるか。しばらは、くマイクロストの動向に注目したいと思います。

by カエレバ

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

サクサクな通信速度

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。