Windows10が入っているUSBメモリーはUEFIブートできないので自分で作り直す必要があります

スポンサーリンク

Windows10のインストールはUSBメモリーで楽ちんでいいなぁと、のほほんな気持ちでいましたが、大きな落とし穴がありました。買ってきたWindows10に入っているUSBメモリー(シルバーとブルーのオシャレなUSBメモリー)でインストールすると問題が発生します。このUSBメモリーではUEFIブートができないため、AHCI(BIOSブート)になってしまうのです。たくさんの自作PC本を読み、SkylakeのマザーボードにWindows10をインストールするときは、UEFIブートを選択するようにと書かれているのに、UEFIブートの項目がなかったのです。自動でUEFIブートしてくれているのかと思っていましたが、そんな気の利いたことはしてくれません。

UEFIブートでWindows10をインストールするには、DVDにWindows10を入れるか、とある方法を使って、UEFIブート可能なUSBメモリーを作る必要があります。

Rufusというソフトを使ってUEFIブートできるUSBメモリーを作る

普通にUSBメモリーにWindows10のデータを入れても、最初から付いているUSBメモリーと同じです。UEFIブートができるUSBメモリーを作るには、「Rufus」というソフトを使います。このソフトを使ってUSBメモリーにWindows10のISOデータを書き込みます。そうすれば、UEFIブート可能なUSBメモリーが出来上がります。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

Windows10のデータは上記のページからダウンロードしてください。買ってきたUSBメモリーに入ったデータじゃなくても大丈夫です。買ってきたWindows10に同梱されている、プロダクトキーを打ち込めばオッケーです。

Windows10 を GPT パーティション形式にした SSD にクリーンインストール

rufusの使い方は、上記のブログ記事を参照のこと。そんなに難しくないので、すぐにUEFIブート可能な、Windows10のデータが入ったUSBメモリーができるでしょう。

UEFIブート可能USBメモリーを差し込んで順番にインストールしてけば、無事に新しいマザーボードに対応したWindows10が完成します。

UEFIブートでインストールすると、Windows10の起動が早くなったり、2TBを超える容量のHDDを、OSの起動ディスクにすることができるようになります。そこまで大きなメリットはないかもしれませんが、最初にしっかりとやっておかないと、後から変更することはできません。再度Windows10をインストールし直すことになりますので、必ずUEFIブートでWindows10をインストールしましょう。

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメするガジェット
アフィリエイト販売ページ

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。よろしければ商品を購入してください。売り上げの一部がアフィリエイト収入として、僕のところに入ってきます。どうぞよろしくお願い致します。



2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    おーの ゆーや

    サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。