7~8インチタブレットの普及がさらに進む?

スポンサーリンク

今日こんな記事がありました。

アップルがASUSに負けた! タブレット市場でシェア逆転劇発生(日経トレンディネット) – Y!ニュース

この安さは魅力的。

ASUSのタブレットが売れているようです。必要充分な性能に、2万を切る価格。そして、カラフルで悪くないデザイン。とりあえず1台買っておこうかと思わせるだけのタブレットになっています。

ASUS MeMo Pad7 に搭載されているチップセットは、インテルのAtom Z3745というものが使われております。
このチップセットがなかなか優秀です。AtomZ3740というチップセットを搭載した、Miix2 8というWindowsの8インチタブレットを持っていますが、かなりバッテリーが持ちます。フル機能のWindowsを動かしながら、iPad並みにバッテリーが持つのです。最初は気のせいかと思いましたが、使っているうちに、インテルのチップセットが優秀なんだと気付きました。

【笠原一輝のユビキタス情報局】低価格IA Androidがタブレット市場を変える(Impress Watch) – Y!ニュース

今から年末が楽しみ。

そのチップセットの新型を搭載した端末が、年末には登場する予定です。グラフィック関係の処理能力が大幅に向上するようです。となると、現在1280X800というディスプレイの解像度が、倍以上の解像度になるはずです。さらに省電子化が進みますので、ディスプレイが高解像度になっても、元々優秀なバッテリーの持ちは変わらないでしょう。

年末のWindows8インチタブレットは大注目

今発売されているWindows8インチタブレットもよくできていますが、もう少し処理性能が高ければと思うときがあります。そんな悩みもCherry Trail が解決してくれれば、今以上にWindows8インチタブレットが売れるはずです。とくに日本では、Officeが付いて5万以下の価格ですから、年末商戦の大本命になるかもしれません。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

iPhoneケースはSpigen

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。