いきなり来た!CherryTrail大本命「Surface3」

スポンサーリンク

新年度早々ビックリしました。エイプリルフールネタかと思ったら、嘘ではありませんでした。ここ数日噂に上がっていたProじゃないSurfaceが発表されたのです。

PC Watch記事:499ドルでシリーズ史上最薄/最軽量の「Surface 3」 ~14nmの新Atom x7/3:2の10.8型液晶搭載のファンレス2-in-1

Proが付かないということで、若干性能は抑えめになるはずですが、Windows RTという意味不明なOSではなく、フル機能のWindows8.1を搭載したSurfaceです。しかも、以前から注目していたCherryTrailを搭載しています。

まさかMicrosoftが、「軽い・安い・ストレスなく動く」この3つを兼ね備えたノートパソコンを出しくてくるとは。冷静にどんな端末なのか検証します。

フル機能のWindowsが動く

一番大事な点がこれ。フル機能のWindowsが動くということです。Proが付かないということで、昔発売されたSurfaceのような端末と思ってしまうところですが、今回発売されるSurface3は、Surface Pro3n下位モデル的な位置付けだと思ってください。フル機能のWindowsが動くのがSurface3です。

軽くてロングバッテリー

やや性能を劣るチップを搭載していますが、Surface Pro3より軽くなっています。タイプカバーを付けても、887gということですから、あの新しいMacBookより軽いのです。さらに、バッテリーの持ちは約10時間。IntelのAtomプロセッサの電力消費量はかなり優秀です。新しくなったAtomのCherryTrailでも、その省電力性は健在でしょう。おそらくほぼ10時間は本当に持つバッテリー性能だと思われます。

CherryTrail搭載の端末

僕がずーっと待っていたCheryTrailを搭載しています。BayTrailでもまずまずの性能ですが、もう少しグラフィック性能があればと思わされる時があります。BayTrailより1.5倍から2倍程度のグラフィック性能を有しているようですから、僕の不満はほぼ解消されているとみていいでしょう。

余裕の1000ドル切り

これだけの端末が1000ドルを切っています。一番下のモデルですと499ドル。タイプカバーとSurface Penの購入は必須でしょうから、実際は700ドルからというプライスになります。キーボードやPenを付けるとそれなりのお値段になってきますが、それでも充分安い価格です。Microsoftが700ドルぐらいのノートパソコンを出してくるとは、夢にも思っていませんでした。あと200ドルぐらいは高いと予想していたので、かなりお値打に感じます。

一概には比べることはできませんが、発売前の新しいMacBookへの影響は避けられないでしょう。新しいMacBooは、Surface3の2倍から3倍の価格です。性能的には新しいMacBookのほうが上でしょうが、実際に使ってみると、そこまで大きな違いは感じないでしょう。新しいMacBookとSurface3の売上がどうなるのか注目です。

日本でも早期発売を

ひとつだけ気になるのは、日本のMicrosoftが「日本へ最適な形での提供を検討中」と言っていることです。最適も何も、このまま出してくれることが、一番最適なような気がしますが、、、いつものように、Officeとキーボードをセットにして、8万ぐらいの価格を付けてくるかもしれません。Microsoft的には最適なのかもしれませんが、あまり高いプライスを付けずに、必要な物をユーザーに選択させたほうが良いような気もします。

あまり欲張ったことをせず、一日も早い日本市場への投入を願いたいところです。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク
年末年始は
ブックオフオンライン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。