すべての人がすぐにWindows10にはバージョンアップできない?

スポンサーリンク

いよいよ2週間後に迫ったWindows10へのバージョンアップ。今までのような新しいWindowsの発売とは違い、今回のWindows10はバージョンアップ版のみのリリースとなるようです。7月29日にWindows10搭載パソコンが発売されたりする訳ではないので、今までとは違う盛り上がり方になるかもしれません。

最初にバージョンアップできるのは500万人

PC Watchの記事には、最初にWindows10を受け取ることができるのは500万人と書いてあります。この500万人とは、Windows正式リリース前に使うことのできる、Insiderプログラムに参加した人のことです。幸い僕もInsiderプログラムに参加しましたので、Windows10正式リリースと同時にインストールすることができそうです。

とはいっても、今インストールしているWindows10のベータ版が完成の域に達しているため、驚くような違いはないと思われます。

Windows10正式版に望むこと

ほとんど不満のないWindows10ですが、Surface3とのマッチングがあまり良くないように感じます。ほとんど時間はありませんが、Windows10正式版に望むことは、「スリープ」「バッテリーの持ち」。この2つを改善してほしいと思います。

まずスリープに関してですが、タイプカバーの蓋を閉じてスリープ状態に入ると、うまくスリープを解除できないことが頻繁にあります。SIMカードも入っていて、瞬時に通信できるのがSurface3の良いところですが、スリープがおかしいせいで、本領発揮できません。

2つめのバッテリーの持ちですが、思ったよりバッテリーの持ちが悪いのです。動画再生時に10時間となっていますが、動画だけを10時間連続で見続けることはありません。通常使用時のバッテリー持続時間は5時間ぐらいです。5時間も持てばいいほうではありますが、同じATOMプロセッサーを搭載しているASUS EeeBook X205TAのバッテリー持ちがかなり良いため、もう少し頑張ってほしいところです。

最高のWindows10をSurface3で

Windows8で不評だった部分を改善している素晴らしいOSになっています。正式にリリースされれば、使い勝手の良さに気付いてもらえるはず。

あと2週間ですが、もう少しSurface3とのマッチングを上げてほしいと思います。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。