Surface3にWindows 10 build 10240(RTM)を入れてみた

スポンサーリンク

ついににWindows10が完成したようです。開発中のWindows10をSurface3に入れていますが、若干動作がおかしい部分があります。細かい不具合が直っているか確認するためにも、 build 10240をSurface3にインストールしてみました。

スリープがだいぶ直っている

個人的に何とかしてほしいのが、スリープです。Windows8.1のときから、スリープ関係の挙動が不安定です。とくにSurface3とスリープの相性が悪すぎます。スリープ解除ボタンを押しても、スリープから復帰しないことも多いですし、スリープ状態にしておくと、バッテリーがかなり減っていることもあります。スリープからの復帰時におかしくなることが多いので、一旦作業を中断するときは、電源を切るようにしています。いちいち電源を切っていてはSurface3の機動力を活かせませんが、スリープ解除時にアタフタする時間を考えると、電源を切ってしまったほうがいいような状況です。

では、最新ビルド(build 10240)のWindows10はどうでしょうか。だいぶ良くなりましたが、まだ動作がおかしい部分があります。すぐにスリープから復帰しなかったり、一瞬画面の表示がおかしいときもあります。前のビルドと比べると、だいぶましにはなりました。発売後もさらなるブラッシュアップを続けてもらい、完璧な状態に持っていってほしいと思います。

かなりサクサクに

もともとサクサク動いていたウインドウズ10ですが、今回のバージョンでさらに軽くなりました。新しいWebブラウザーEdgeの使用感も上々です。Atomプロセッサーというハンデを感じさせない快適さです。

バッテリーの持ちは相変わらず悪い

バッテリーの持ちは変わっていません。73%の状態で、残り2時間19分です。フル充電でも5時間持つか怪しい表示です。バッテリー残量が表示がおかしいのか、本当にバッテリーが持たないのか、しばらく様子を見る必要があります。

壁紙にbuild表示がなくなった

スクリーンショット (56)
Windows10が完成したということで、壁紙のbuild表示が消えています。使っていても分かりますが、世に出しても恥ずかしくない完成度です。世界中の人たちがWindows10を触ってどう思うか楽しみです。

 

スポンサーリンク

軽くて安いChromebookあります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。小さい頃から、最新のデジタル製品を買い漁ってきました。大人になった今も、最新のデジタル製品ばかりチェックしています。 多くの人がノートPC、スマートフォンやタブレットを使うようになった今、デジタル製品なしの生活は考えられません。当たり前のようにデジタル製品を使っていますが、機能を使いこなせず、使い方に悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。 そういった方々のヒントになるよう、ブログで記事を発信していきます。