レビューlenovo「Miix2 8」Windows8.1搭載8インチタブレット

スポンサーリンク

またまた新しいガジェットを購入してしまいました。2013年12月30日に注文して、1月1日に届きました。2014年も、やはりこういったデジタルガジェットばかり購入してしまうのでしょう。 先日までAndroidスマートフォンNexus5が使いやすいと言っていたのに、今回まったく違うガジェットを購入しました。このたび購入したのは、lenovo「Miix2 8」。OSにWindows8.1を搭載した、8インチタブレットです。

2013年末に突然盛り上がってきた、新しいタブレットを購入しました。

【特集】【年末特別企画】この冬絶対買いたい8型Windows 8.1タブレット – PC Watch
この冬話題のガジェット。

今までもWindows8を搭載したタブレットはたくさん登場していました。なぜ今Windows8.1を搭載した8インチタブレットが突然盛り上がってきたのでしょうか。それは、値段と性能のバランスが非常に良かったからです。 8インチのタブレットが約4万円。こうやって書くとあまり安いようには感じませんが、8インチのタブレットにフル機能のワード、エクセル、パワーポイントが付いて約4万円。 どうでしょう、急にお値打ちに聞こえませんか。この「Miix2 8」などの8インチタブレットは、だいたい4~5万円でフル機能のOfficeが付属しています。同じOfficeを単体で購入しますと、3万円ほどします。「Miix2 8」の市場価格が約4万円ほどですから、Office代にプラス1万するだけで、8インチのタブレットが手に入ってしまいます。しかも、フル機能のWindows8.1です。Surface RTのような、Windows Storeアプリしか使えず、通常のWindows用のソフトウェアをインストールすることができないWindowsではありません。ちゃんとしたWindows8、いわゆるパソコンと呼べるWindowsが入って、約4万円なのです。 値段が安いと、きっと性能が悪いのだろうと思うところですが、これが思ったより性能が良く、この値段でこれだけの性能のパソコンに、Officeが付いているなんて考えられないということになり、一気に火が付きました。AppleのiPadのように、大きな話題にはなっていませんが、Windowsパソコン市場では、久しぶりのヒット商品と言ってもいい商品です。 Lenovoの「Miix2 8」以外にも、多数の8インチタブレットが登場していますが、そのどれもにOfficeが付いています。なんやかんや言っても、MicrosoftのWord、Excel、PowerPointというソフトは、ビジネス市場では絶対的な強さを誇っています。パソコンを購入するときに、必ず頭を悩ませるのが、Officeが付いているかいないかということ。少しでも安くパソコンを購入しようと思うと、Officeが付いてきません。安い値段で、Officeの付いたパソコンを買おうとすると、Office互換ソフトと呼ばれる、WordやExcelやPowerPointと互換性のある、MicrosoftのOfficeに似たようなソフトが付いています。こういたOffice互換ソフトでも、そこそこちゃんと使えるのですが、あまりパソコンに詳しくない方にとっては、作成した文章や表のレイアウトが崩れてたり、細かいところで使い勝手が違うということは、大きなストレスになります。最近ではiPadやAndroidタブレットでもOfficeファイルの編集ができるアプリもありますが、こういったアプリも、Officeと完全に同じ機能ではないため、使っていると様々な問題に直面します。 安くて軽くて速くてOfficeを使えるがガジェットが欲しいとなりますと、結局は軽量薄型のノートパソコンを購入するしかありませんでした。ノートパソコンとなると、10万円前後になってきます。ましてやOffice付きですから、普通のノートパソコンより高くなります。昔からパソコン市場にある、安くて軽くて速くてOfficeを使えるパソコンが欲しいという、日本国民の願いを実化したのが、Windows8.1を搭載して、フルサイズのOfficeが付いた、lenovo「Miix2 8」などの8インチタブレットなのです。

複数のガジェットを持っている僕が思うこと

この年末に登場した8インチタブレットたちは、各地で大絶賛されています。この値段でOfficeが付いているから絶賛されて当たり前だとは思いますが、そういった部分を少し置いておいて、Mac(Windows8.1もインストールしてあります)、iPad、iPhone、Nexus5(Android)、と様々なガジェットを持っている僕が感じたことを書きたいと思います。 ○端末の質感 箱を開けたときに思ったのは、意外に質感が高いということ。iPadと比べてしまうと、やはり分が悪いのは否めませんが、Nexus7よりは質感が高いように思います。この値段でこの本体の質感なら、購入された方の満足度は高いでしょう。端末も非常に軽いため、片手でもってWebページを閲覧するのも問題ありません。この質感にこの軽さ。物としての完成度は高いと思います。 ○ディスプレイの綺麗さ 解像度が1280×800ドットになりますので、若干画面の粗さを感じるかと思いましたが、普通に使う分には特に不自由を感じることはありません。液晶の発色も良好で、写真を閲覧しても綺麗にみることができます。ブラウザーでホームページを見ていると、若干文字が滲んでいるような気がしますが、インターネットエクスプローラなら、2本指で画面を拡大させて文字の拡大ができます。解像度の低さは、そんなに問題にはならないでしょう。 ただひとつ不満なのは、Windowsの仕様なので仕方がありませんが、フォントが汚いということ。ホームページを普通に見るなら、iPadかMacで閲覧したほうが良いかもしれません。 ○動作速度 一番大事な点です。やはり使う機械の処理速度が速いかどうかで、使っているときの快適度が変わってきます。雑誌やWebでは、lenovo「Miix2 8」などの、8インチタブレットはかなり処理速度が速いというような印象を受けますが、実際に使ってみた感じは、遅くはないけど速くはないという感じです。ブラウザーでホームページを見ていると、若干待たされる感じがあります。とくに写真が多いページになりますと、少々固まったような挙動になります。昔のパソコンのような遅さはありませんが、快適さで比べると、iPadのほうが快適だと思います。 ただ「Miix2 8」はフルサイズのWindows8.1です。iPadはタブレット用のアプリしか使えませんが、「Miix2 8」はパソコンのソフトが使えます。Windows用のソフトウェアを使うことができるということを加味しますと、必要充分な動作速度はあります。WordやExcelを使っていても、ストレスが貯まることはありませんし、古いパソコンを使っている方なら、この「Miix2 8」などのWindows8.1搭載8インチタブレットは、非常に快適なパソコンに感じるでしょう。普段MacBook Airを使っている僕の感覚だと、MacBook Airよりはだいぶ快適性は劣ります。値段も倍以上違いますし、それは仕方がないと思います。フル機能のWindowsが使えるパソコンとして考えるなら、非常に快適とまではいきませんが、普通に快適という評価になります。 ○バッテリーの持ち バッテリーの持ちはかなり良いです。フル機能のWindowsなので、もっとバッテリーが減るかと思いましたが、思ったより、バッテリーが減っていません。iPadなどのタブレットのように、10時間前後は使えるでしょう。普通のパソコンがこれだけバッテリーが持つというのは、「Miix2 8」の一番のセールスポイントでしょう。Bay Trailと呼ばれるIntel Atom Z3740はかなり省電力なチップだと思われます。ノートパソコンのバッテリー駆動時間を伸ばしてきた、インテルの省電力化技術が存分に活かされているように思います。 ○キーボードとマウスは必須 通常の状態ですと、画面をタッチして操作しないといけません。この状態でも使えますが、非常に使いにくいです。普通にホームページを見るぐらいならいいのですが、そういったことはiPadでやったほうがいいと思います。lenovo「Miix2 8」などのWindows8.1搭載8インチタブレットに求められているのは、あくまでフル機能のWindowsパソコンです。やはりWindowsをちゃんと使いこなすには、キーボードとマウスを用意する必要があります。 僕はAndroidで使っていた、BluetoothキーボードとBluetoothマウスがありましたので、それを使っています。ワイヤレスでマウスとキーボード使えると、机の上を自由に使うことができ、非常に快適です。ただ、たまにBluetoothキーボードが、同じ文字を連打で入力し続けることがあります。「Miix2 8」とBluetoothキーボード「TK-FBP018」の相性の問題でしょうか。同様の問題は、AndroidやiPadで使っているときにも発生します。Bluetoothキーボードでは、仕方がないことなのかもしれません。

結論、、、買いなのか、買いじゃないのか

結局は買いなのか、買いじゃないのか。これが知りたいところです。結論から言いますと、買い!だと思います。ただ普通の方はiPadを購入したほうが良いと思います。パソコンの知識がある程度ある方は、触っているうちに非常に快適に使えるようになるでしょう。あまり機械に詳しくない方は、iPadを購入したほうが断然使いやすいと思います。ただiPadではWordやExcelのデータを作成するのは、かなり厳しい状況。仕事で小さいガジェットを使いたいという方で、WordやExcelやPowerPointで書類を作らないといけないという方は、今すぐに買ったほうがいいと思います。ただし、キーボードとマウスは必ず購入しましょう。 「Miix2 8」、マウス、キーボードを購入すると、トータルで5万円ぐらいの値段になります。5万円でフル機能のWindowsと、純正でフル機能のOfficeが使えます。はっきりいって安すぎるでしょう。設定などでパソコンらしい面倒くさいところがありますが、それこそがフル機能のパソコン証。とりあえず購入しておいても損はしないでしょう。

Officeが使える  ★★★★★
動作速度     ★★★★
使いやすさ    ★★★
お値打ち度    ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 

スポンサーリンク



ゆーや がおススメする
ガジェットたち

ゆーやが実際に使って、これは良いと思ったガジェットを紹介しています。どの製品も、きっと役に立ってくれるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

おーの ゆーや

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。