surfaceの値下げは円高の影響。それともMateBook対策。

スポンサーリンク

Surface Pro 4とSurface Bookが1万円以上値下げ ~1TBモデルも投入 – PC Watch

突然値下げ。

突然Surface Pro4と、SurfaceBookが値下げされました。SurfaceBookは高すぎるので置いておいて、Surface Pro4は思わず手が出てしまいそうな値段になってきました。

AppleのMacbook AirとMacbook Proは、まったく訴求力がない状況です。Surface陣営としては、新型が出ないうちに、売っておきたいということかもしれません。

円高も進んでいるので、今回価格改定されたかと思いましたが、MateBook対策の可能性もあります。

昨日、ヨドバシカメラでMateBookを触ってきましたが、完成度が高くて感心しました。ほぼSurface Pro4といってもいい完成度がでした。一般の人が見たら、何がSurface Pro4と違うか分からないでしょう。搭載されているCPUが違うので、一概には比べられませんが、多くの方にとって、あまり問題にはならないでしょう。

性能と値段のバランスからオススメしたい仕様が、8GBのRAMに、256GBのストレージを搭載したモデルです。

MateBookが118,854円、Surface Pro4が159,800円。こうやって比べると、MateBookが安く感じますが、細かく中身を見ていくと、Surface Pro4のほうがお買い得にも感じます。

  • Surface Pen付属(7800円)
  • Office付属(20,000円ほど)
  • CPUがCore i5

この3つがMateBookを上回っています。こうやってSurface Pro4を見ると、Surface Pro4がお値打ちに見えてきます。

そもそもOfficeがいるのかという問題もありますが、Officeが必要な方は、Surface Pro4のほうがお得です。

OfficeなしのSurface Pro4を、2万ほど値下げして発売しすれば、いっきに割安感が出るのですが、、、Microsoft的には自社ソフトを付けているので、Officeを外すことはしないでしょう。

優劣をつけ難い状況ですが、Core i5とCore m5では結構性能差があります。Surface Pro4にするか、MateBookにするのか。CPUの違いをどう判断するかになりそうです。

 

スポンサーリンク



WordPressおすすめデザインテーマ


ブログの文章を推敲してくれます



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

サラリーマン兼業ブロガー。小さい頃から、たくさんのデジタル製品を使ってきました。昔は一部のマニアだけのものでしたが、今では生活必需品となりました。スマートフォン、タブレット、パソコン、これらの道具がないと生活に支障をきたすほど。しかし、使い方がよく分からず悩んでいる人も多いでしょう。これまで培ってきたノウハウを多くの人に伝え、デジタル製品でしあわせになってもらいたいと思い、このブログで情報を発信しています。