Windows10 Creators Update後、コントロールパネルを表示させる方法

windows10解説ロゴ
スポンサーリンク

Windows10 Creators Updateをした後のWindows10。何も変わっていないようで、細かいところが変わっています。

コントロールパネルがない

デスクトップの左下に表示されているWindowsマークを右クリックすると表示されるメニューの中から、コントロールパネルがなくなりました。

歯車マークの設定から、設定画面になりますが、簡単な設定しか変更することができません。

Windowsで重要な設定は、未だにコントロールパネルから変更する必要があります。

Windows10 Creators Updateをした後に、コントロールパネルを選択する方法を紹介します。

Windows10 Creators Update後のコントロールパネルの選択方法

  • 左下のWindowsマークを左クリック

  • アプリ一覧を下にスクロールさせる

  • Wの項目までスクロールさせる

Wまでスクロールさせる

Wまでスクロールさせる

  • Windowsシステムツールを左クリック

  • コントロールパネルがあるので左クリック

Windowsシステムツールの中にコントロールパネルがある

Windowsシステムツールの中にある

これでコントロールパネルで設定を変更することが出来ます。

すぐにコントロールパネルを使う方法

アプリ一覧から選択してもいいのですが、かなり下までスクロールさせないといけません。もう少し早く選択する方法を紹介します。

  • 右下のWindowsマークを左クリック
  • アプリ一覧を下にスクロールさせる
  • Wの項目までスクロールさせる
  • Windowsシステムツールを右クリック
  • 表示されたメニューから、スタートにピン留めをするをクリックする

これでスタート画面にピン留めすることが出来ました。いちいちアプリ一覧から探さなくても、すぐにコントロールパネルを表示させることが出来ます。

もっと早くコントロールパネルを使う方法

もっと早くコントロールパネルを使いたい方は、タスクバーにピン留めしましょう。

  • 右下のWindowsマークを左クリック
  • アプリ一覧を下にスクロールさせる
  • Wの項目までスクロールさせる
  • Windowsシステムツールを右クリック
  • 表示されたメニューから、その他にカーソルを合わせる
  • タスクバーにピン留めをするを左クリックする

常時表示されているデスクトップの下に表示されている、タスクバーにショートカットが追加されます。ここに登録しておけば、迷わずコントロールパネルを使うことができるでしょう。

 

Twitter でYuyaをフォローしよう!

スポンサーリンク

windows10解説ロゴ
スポンサーリンク 仕事中でもネットができれば購入できるAmazon

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YUYA

IT機器が大好きです。

ファミコンブームで初めてデジタル製品の虜になり、それからパソコン、スマートフォン、タブレットと、一通りデジタル製品を使ってきました。

大きく時代は変わり、IT機器なしでは生きていけない世の中になりました。しかし、使うことに疲れてしまい、あまり有効に使えていない人をたくさん見かけます。

楽しく簡単にIT機器を使えるよう、当ブログで説明していきます。IT機器を使って生活を豊かにしましょう。

follow us in feedly