【睡眠を長くとるには】無職になろう

寝ているアザラシ 仕事
仕事

無職の素晴らしさを伝えるこのシリーズ、今回は睡眠のお話です。

生きる上で1番大事なもの。睡眠時間じゃないでしょうか。眠い時に寝る。朝も起きたい時に起きる。これこそが睡眠する上で1番大事な点です。

簡単そうに見えて、これが意外と難しいのは、身に染みて理解しています。

会社員時代の僕は、毎朝7時には会社にいました。始業時間は9時からです。随分と早く会社にいる訳ですが、2時間も前に会社に行っていたのには理由があります。就業時間に自分の仕事をしていたのです

就業時間中に自分の仕事をするのが、普通の会社です。しかし、僕が在籍していた会社は人が足りておらず、立場の弱い僕には、バンバン他の人の仕事が入ってきます。要領が良くて器用な僕は、上手いことやりくりして、他の人の仕事をこなしていました。就業時間中にやることもできますが、自分の仕事と他人の仕事を並行してやりつつ、会社の電話も取ったり、さらに他の仕事もやるという状態では、いつ自分の仕事ができるか分かりませんし、複数の仕事を同時並行的に進めるとミスが生じます。できるだけミスを少なくするためにも、自分の仕事は就業時間前や就業時間後、さらには昼休憩中にこなしていました。何事もなく普通に回っていた会社は、僕の隠れた努力で成り立っていたのです。

朝7時に会社に行こうとすると、朝5時過ぎには起きなければいけません。0時に寝ても5時間しか睡眠が取れません。もし9時に出社してもいい状況なら、7時過ぎに起きればよいことになり、7時間は睡眠が取れていました。

会社がしっかりと人員を確保し、手が空いている上に、ただ無駄話しをして笑っている人間に、きちんと仕事を割り振れば、僕が無理をする必要はありませんでした。

トップや上司が無能で無駄話をして笑っている側の人間だったため、この状況を変えることは不可能でした。あと数年で定年になるような人たちは、自分たちの給料が今のまま貰えればいいと考えます。他人のことや、会社の業績が本当に良くなることなんて、これっぽっちも考えていません。ただし、立場上数字を管理しているので、自分の給料を守るため、数字をそれっぽく達成しないといけません。とくに作戦はないので(考える頭がない)、パワハラにならないパワハラで、下に数字や仕事を押しつけて、合法的にみんなを苦しめていきます

業績が上がっていかない日本の会社の多くは、このような状況でしょう。この状況を変えるには、上から辞めていく必要がありますが、楽して高い給料が入ってくるため、辞める訳がありません。会社に居続ける限り、僕らはどんどん疲弊していくのです。しっかりとした睡眠を取ることもできずに。

そんな状況から抜け出した僕は、毎日7時間以上寝ています。目覚ましをすることなく、起きたい時に起きる。ブラックな会社のおかげで、早起き体質です。自然と7時過ぎには目が覚めます。無駄に寝すぎることなく、しっかりと睡眠を取れているからか、無職になってまだ5日ですが、以前より体が軽く、物事に集中して取り組めます。

とにかく寝ることが、疲れを取るには大事なこと。自分の大切な人生は、健康な体があってこそ。

さぁ、会社を辞めて無職になりましょう!

 

Twitter でおーの ゆーやをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました